グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > キッズオープンキャンパスを開催しました

キッズオープンキャンパスを開催しました

浜松キャンパスで7月16日(土曜日)、キッズオープンキャンパスを開催しました。社会貢献・ボランティアセンターが主催し「北区わくわく元気プロジェクト」の一事業として行われたこのイベントは、地域のこどもたちが大学の学びを体験し、知的好奇心を引き出し、夏休みの自由研究にも役立ててもらおうと、今年で5年目の開催となりました。
浜松キャンパスの各学科の学びを活かしたさまざまな講座を開講。教員の指導のもと、全学科から約200名の学生が講座を企画運営し、地域のこどもたちに、新たな学びの場を提供しました。

今年度の一番人気は、経営学部の学生か企画した「パソコンをつかって不思議な生物『プログラミン』で遊ぼう」。文科省が運営するWEBサイトを活用してIT教育を推進しようとするもので学生のアドバイスのもと思い思いのキャラクターを作成し楽しんでいました。
また、細江警察署や浜松市消防局の協力を得た講座も開講。学内にははしご車も登場し、普段は乗ることができないはしご車のバスケットに子どもたちは感激していました。
今年の新講座としては、健康鍼灸学科の企画した「おきゅう体験」。よもぎでもぐさを作るところからはじめ、お灸の効果についても学びました。
今年も出世大名家康くんや、浜松・東三河フェニックスのマスコット ダンカーくんも登場し、イベントを盛り上げました。
次回は10月1日(土曜日)、健康フェアを実施します。今後も地域貢献活動を推進していく予定です。