グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



図書館

ホーム  > 図書館  > 図書館長挨拶

図書館長挨拶

あなたの図書館

常葉大学は、静岡県内に3キャンパス、10学部を擁する総合大学です。各キャンパスには附属図書館を擁し、学部内容に応じた蔵書構成のもと、学生の学修・研究に資する知の拠点となっています。

大学での学びは、授業時のみならず予習・復習も重要になってきます。学問内容も多岐にわたり、一冊の参考書を見れば事足りるというものではありません。入口は一つでも、調べるべき事柄は幾筋にも分かれ、どの道を行けば問題の核心に迫れるのか、容易には分からないことも多いのです。そんなとき図書館は、静かに先人の叡智を湛えてそこにあります。課題を携えて図書館に入ることで、歩みを進めることができるでしょう。道に迷ったときにはreference serviceも、有効な手助けとなります。

学びの面白さは、人毎に異なる道程をえがくことです。同じ課題を抱え同じ図書館で、解決のために文献・資料に当たったとしても、結果はそれぞれの過程を経た「その人」の成果として結実していきます。そうして図書館に行く度にあなたの図書館になる。

書籍・雑誌に加え、学部内容に応じて文献検索に益するデータベースの充実がはかられ、専門性を担保する図書館としての機能が整っています。また、新聞数紙のデータベースを用いることでも、学びの世界は広がっていきます。調べた語句が意外な記事と結びつき、インターネットニュースサイトとは異なる視点が得られることは、あらたな知的好奇心を刺激するでしょう。さらなる可能性を生み出す契機となるかもしれません。データベースの利用も、豊かな社会情報に通じることにつながり、ひいては専門性を豊かにするためにも不可欠なものとなっていくでしょう。あなたの図書館を作り上げていきましょう。

大川信子