グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



Information

ホーム  > Information  > 経営学部主催学術シンポジウム「トランプ,ブレグジット,その後の世界…」のお知らせ(3月15日開催)

経営学部主催学術シンポジウム「トランプ,ブレグジット,その後の世界…」のお知らせ(3月15日開催)

本学経営学部主催の学術シンポジウム 座談会「トランプ,ブレグジット,その後の世界…」が浜松キャンパスにて開催されます。
昨年、大西洋の両岸で、世界を驚かせる政治的事件が起こりました。イギリスでは国民投票の結果、EU からの離脱が決まりました。アメリカでは、泡沫候補とみられていたトランプ氏が大統領に当選しました。それらの背景には、格差への不満、移民への反感、エリートへの反発、国家の孤立主義的指向、グローバリゼーションの矛盾、ポピュリズムの台頭といった問題が共通して横たわっていると言われています。
常葉大学経営学部では、こうした問題を考える座談会を開催いたします。英米文学を専攻する向島正喜教授と、中国出身の経済学者である白春騮教授の対談を軸として、参加者全員で幅広く意見交換を行っていく予定です。
日時2017年3 月15 日(水曜日)10時00分~11時30分
会場常葉大学浜松キャンパス
お申込方法関心がある方なら、どなたでも参加することが可能ですが、事前の申し込みが必要になります。
担当の秋永まで、お名前と連絡先をメールでお知らせ願います。
akinaga(@を挿入)hm.tokoha-u.ac.jp