グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



外国語学習支援センターブログ

ホーム  > 外国語学習支援センターブログ  > 台北語学研修だより(その3)

台北語学研修だより(その3)

“台湾一美しい”と言われる台北市郊外・淡水から見た夕陽

你们好!
グローバルコミュニケーション学科2年の鹿内彩香です。
台湾に来てから2週目となりました!
今週も盛り沢山の毎日を送っています!


授業風景です。
毎日9時から約3時間、午前中に中国語の勉強をしています。
先生はとても優しく毎日楽しい授業時間を送っています。
だいぶ授業にも慣れてきて各単元の後には、ちょっとしたホームワークもあり授業で習った表現の確認ができます。
1人ずつ発表をする場もあり先生が声調も確認してくれます。
あと1週間とちょっと頑張ります!

アジア圏だけでなくドイツからも留学生来ています!!

▲8月22日
象山に行きました。
山というだけあって登るのにかなり苦労しました。
急な階段ばかりの道で休憩ポイント毎、かなりみんな汗をかいて息が切れていました。
ここからの景色は台北101を含む台北市内を一望でき、とても惹かれる景色でした。

8月23日▶
講師の先生に指導していただき、全員で粘土状のもので龍を作りました。
完成した龍はそれぞれの個性が出ていてとても味のある龍になりました。初めての体験でとても良い経験となりました。

⚫️8月24日
淡水に夕日を見に行きました。
夕日が沈む前と後で景色が変わりとてもきれいでした。夕日が沈んだ後も、まるで虹がかかったように美しかったです。
絵に描いたような景色で癒されました。

このように毎日午前中は勉強に集中して午後は台北市内を現地大学生を中心に案内してくれて、充実した日々を送っています。

次のブログも楽しみにしていてください!

それでは再见!