グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



外国語学習支援センターブログ

ホーム  > 外国語学習支援センターブログ  > 静岡多読新人セミナーが開かれました

静岡多読新人セミナーが開かれました

講演されている古川昭夫先生

8月24日、日本多読学会主催による「静岡多読新人セミナー」が本学にて開催されました。
多読を取り入れた英語教育を実践している先生方をはじめ、本学の学生や卒業生も集まり、多読への理解を深めました。


本学では数年前からFLSSC(外国語学習支援センター)を中心に英語の多読活動に力を入れています。
今回、日本多読学会の中心となって活躍されている3人の先生をお迎えして講演を行っていただきました。

SEG代表の古川昭夫先生は、ご自身で経営されている塾での成果を交えながら多読指導の概要やおすすめの図書についてをお話してくださいました。
続いて、実践女子大の宮下いずみ先生からは、児童英語教室と大学の両方で教えている経験を踏まえた多読教材の活用方法やアドバイスをしていただきました。
豊田高専の西澤一先生は、高専での指導から得られたデータを使いながら学生のレベルに合わせた適切な指導等について解説してくださいました。
最後に、本学の良知先生と柴田先生から本学の多読活動について報告させていただきました。

講演の後は、参加者による自己紹介と質疑応答の時間を設けました。
今回は、英語教室で子どもに英語を教えているという先生が多くいらっしゃっていたのが印象的でした。
「多読は英語の力をつけるのに効果的だと思うが、導入や指導が難しい」「子どもたちが理解しているかを知るにはどうすればいいか」といった質問があり、現場の先生方が試行錯誤しながら熱心に多読指導に取り組んでいることが伺えました。
この他にも、個人で多読を楽しんでいるという一般参加者もいて「多読は楽しい!」という和気あいあいとした雰囲気の中、無事セミナーを終えることができました。

暑い中、東京、愛知を始め富山や三重などの遠方からも足を運んでくださった方もいらっしゃいました。
この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。