グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



外国語学習支援センターブログ

ホーム  > 外国語学習支援センターブログ  > 【長期留学】カナダ ビクトリア大学

【長期留学】カナダ ビクトリア大学

提携大学にて半年以上過ごす、長期留学。
今回は、カナダのビクトリア大学へ留学している学生の様子をお届けします!

1ヶ月が経ちましたが、Thanksgiving Dayやウィリアム王子の訪問などイベントも多かったようですね。


「ビクトリアではすっかり秋も深まり、きれいな紅葉を大学内で見ることができるようになりました。留学を始めて一カ月がたち、ホームステイにも学校にも慣れ毎日とても楽しく過ごせています。

大学の授業では、TED Talksを見てその内容についてグループを作ってプレゼンテーションを行ったり、本を読んで内容を考察したり、世界の深刻な問題についてディスカッションを行ったりします。

また週に一回、ビクトリアに住むボランティアの方々が授業に参加してくださり、会話練習を行うことができます。先生もクラスメイトも明るく面白いので本当に毎日楽しく勉強できます。

僕のクラスメイトは韓国人が一番多く、他にメキシコやパナマから来ている学生もいて、様々な文化を学び共有することができとても良い環境です。

また、クラスメイトのほとんどは既にビクトリアに長く滞在していて、ビクトリアのことを熟知しているため、大学の施設の使い方を教えてくれたり、ダウンタウンのお勧めのレストランを紹介してくれたりします。」(園田くん)

「そして10月10日はThanksgiving dayでした。

ホストマザーの親戚が家に来てみんなで食事を楽しみました。私の家ではターキーにgravyソースをかけて食べました。食後にはパンプキンチーズケーキを食べました。ホストマザーの料理はとても美味しいです。


食事の時はいつも笑いが溢れています。最近少しずつですが会話の内容が分かるようになり、会話に参加できるようになりました。」(小林さん)

韓国のカードゲーム

「私には韓国人のハウスメイトが1人います。私よりも2歳年上で、英語もペラペラです。彼女がファミリーと話をして盛り上がっていても私がなかなか入れずに困っている時、私に話を振ってくれたり、家のことで困っているととても親身に相談に乗ってくれます。休日は2人で日本食スーパーに行ってたこ焼きやお寿司を食べたり、夕食後には韓国のカードゲームを教えてもらいながら楽しんだりしています。ホストマザーの誕生日には2人でプレゼントを買い、メッセージカードを書きました。

ファミリーもとても優しいです。先日は、日本食が恋しいだろうと、私のために寿司パーティーをしてくれました。私が話したセンテンスが間違っていると訂正をしてくれたり、私が知らない表現を教えてくれたり、本当に勉強になります。こういうところがホームステイすることの利点だなと思います。

私は人見知りをしてしまい、あまり自分の意見を言うことができない性格なのですが、ここでは自分の考えを自分の言葉で伝えられないと生活できません。精神的にも鍛えられています。」(殿岡さん)

「9月24日、ウィリアム王子一家を一目見ようと友人と共にDowntownを訪れました。

英国のウィリアム王子一家とカナダのジャスティン・トルドー首相を見ることが出来ました。またウィリアム王子、キャサリン妃、トルドー首相の演説を生で聞くことができ、自分がカナダ国民になれたかのような気分になりました。」(安永さん)