グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



外国語学習支援センターブログ

ホーム  > 外国語学習支援センターブログ  > 韓国語学研修 その4

韓国語学研修 その4

안녕하세요!!
GC学科2年の坂口遥香、山本紗希、山本美憂です。
韓国に来て2週間が経ちました。

韓国には秋夕(チュソク)という旧正月がありますが、今年は9月14日から9月18日までがチュソクにあたります。
チュソクとは旧暦の8月15日(中秋節)を指す言葉です。

チュソクの期間は家族と過ごすので、街は人も車も少なく静かです。
また、個人経営のお店は閉まっているので有名なチェーン店くらいしか営業していません。


私たちは15日に学校がお休みだったため、
その休みを利用して景福宮(キョンボックン)に行ってきました。

これは景福宮の最初にある門で光化門(クァンファムン)です。
この後にもたくさんの門がありましたが光化門が一番迫力がありました。

私たちが行った15日は景福宮は無料開放の日だったため、多くの外国人が訪れていました。

これは康寧殿(ガンニョンジョン)という国王と王妃の生活していた建物の1つで、屋根に動物のような不思議な石像があったので、撮影しました。
後で調べてみたところ、宮殿を守る守護神で西遊記の登場人物が並んでいるそうです。

景福宮にて

これは世宗という朝鮮王朝時代の王様でハングル文字を作った韓国で最も尊敬される歴史人物です。
1万ウォン札の肖像にもなるほど有名な人物です。

下を見てみると韓国の歴史が1年ごと書かれている石碑があったので、私たちが生まれた1996年の石碑を撮ってみました。

梨花(イファ)壁画村という路上美術館で、壁や階段に絵が描いてあって思わず写真を撮ってしまいたくなるかわいらしいところです。

以上!チュソクについてでした!
次回は授業・修了式についてです。