グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



外国語学習支援センターブログ

ホーム  > 外国語学習支援センターブログ  > 【ショート留学】カナダ・ビクトリア大学①

【ショート留学】カナダ・ビクトリア大学①

ホームステイ先の子供たちとゲームをやってる様子です(笑)

2月と3月の8週間、今年度もビクトリア大学(カナダ)で外国語学部の学生が語学を学んでいます。
授業の様子や、ホストファミリーとの楽しい時間を過ごしている様子を送ってくれました。

* * * * *
カナダに到着してからはや2週間が経ちました。
ホームステイ先での生活や、大学生活にもだいぶ慣れました!

授業では、オーラルの授業同様、ペアワークでの会話練習や、プレゼンテーション等を主に行っています。
大学の先生は、発言した内容のグラマーや発音を細かく正してくれます。特に、日本人にありがちな間違った発音を指摘し、正しい発音を丁寧に教えてくださるため、とてもためになっています。

クラスは、日本人と韓国人しかおらず、国ごとに固まりがちですが、休み時間や昼食時は日本人同士でも英語を話すようつとめています。(加納さん)


ハイキングに行った際撮った景色です。(Bear Hill Park)

ホストマザーはとても親切で、わたしにYes,Noで答えられないような質問をなるべくして、英語を話す機会をたくさん与えてくれています!!

休日もドライブしたり、ハイキングに行ったり、映画を見たりととても楽しい時間を一緒に過ごしてくれています!!

この留学を無駄にせず、いい環境を有効に活用し、英語力を着々と伸ばしていきたいです。(加納さん)

カナダに到着して2週間が経ち、早いなと感じる一方で、日本が恋しくなってきた感じがします。

クラスですが、私は30-Aというクラスになりました。
サウジアラビア、ブラジル、韓国、トルコ、日本から来た17人の生徒で成り立っています。
宿題が多く、授業の内容も少し難しく感じます。

授業内容としては、ディスカッションやプレゼンテーション、ペアワークの中で、各国の違いを感じられる社会的なトピックがメインです。そのため単語も身近でないものが多く、授業中は辞書の使用が好まれていないため、家に帰って調べています。
最近では午前のクラスでconspirasy theoryをプレゼンしました。
午後のクラスでは、週末に新聞やニュースから記事を選び、翌週グループでディスカッションしながら、単語や細かい文法を学んでいます。
最初はとても辛かったですが、最近はようやく慣れてきました。

平日の放課後やお昼は息抜きに学内の食堂やカフェでクラスメイトや友人とゆっくりしています。

2回の週末がありましたが、第1週目の週末は毎週金曜に開かれるアクティヴィティに参加し、ボランティアの学生や他クラスの学生さんたちと交流をしました。午後にはスクールバスでダウンタウンまで行き、IMAXという巨大スクリーンが有名な映画館で、STOMPの映画を観ました。その後、皆と軽くダウンタウンを散策しました。
土曜も皆でダウンタウンに行き、ショッピングモールに行きました。

月曜はFamily Dayという5年前くらいから始まった祝日でした。
午前は家の近くの公園にホストファミリーと向かい、午後は祖父母の家で行われた親戚の集まるパーティーに連れて行ってもらいました。

ホストは細かいことは気にせず、おおらかな方たちで、とても感謝しています。
子供中心なので夕飯が5時過ぎだったり、就寝が10時だったりしますが、そのあと課題をやったり、自分の時間がしっかり確保できるので、とても過ごしやすいです。

少しでも多く得て帰れるように頑張ります!(千葉さん)