グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



外国語学習支援センターブログ

ホーム  > 外国語学習支援センターブログ  > 韓国語学研修 その3

韓国語学研修 その3

提携大学の韓国・慶熙(キョンヒ)大学にて
3週間の語学研修に参加している学生から
現地での様子が届いています。

慶熙大学の学生がひとりづつ付く
「トウミ」というチューター制度があるのも
大きな魅力のひとつ。

今年度は25名の学生が語学研修に参加し、
内2人は2月末まで長期留学をします。


みなさんこんにちは。
韓国語学研修、ブログ担当3回目の川口、水野、高橋です。

韓国に来て、早くも1週間が経ちました。授業は9時〜13時まで行います。
先週からは、トウミといって、韓国語を教えてくれたり、韓国の街を案内してくれるオッパ(お兄さん)やオンニ(お姉さん)が1人ひとりにつきました!これからは、学校が終わった後に一緒にご飯を食べに行ったり、おすすめのカフェのお店や洋服屋に連れていってもらう予定です!

また、授業の時は先生が全て韓国語で話しています。日本語を使うことが全くないので、最初はとても不安でしたが、勉強をするモチベーションが上がり、自分にとってよい経験ができると思います。

ReadingとSpeakingの授業を2コマずつ受けるのですが、教科書もハングルと英語のみで書かれていて、また宿題も毎日でるため、3週間、韓国語をたくさん学ぶことができます。文化特講という授業では、k-popの歌を歌ったり、韓国の挨拶や食事の時のマナーを学んだりします。ちなみに今日の文化特講では最後にチマチョゴリを折り紙で作りました!

6日は、授業がなかったため、友達とロッテワールドに行ったり、韓国料理やスイーツを食べ、毎日楽しい生活を送っています。

今日から2週目に入ったので、気を引き締めて残りの授業を送っていきたいと思います