グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



外国語学習支援センターブログ

ホーム  > 外国語学習支援センターブログ  > スペイン語学研修レポート①

スペイン語学研修レポート①

大学のオブジェ

2月8日に羽田空港から2014年度スペイン語学研修グループが出発しました。

外国語学部生9名が参加し、アリカンテ大学で1ヶ月のスペイン語コースを受講します。帰国は3月8日の予定です。

研修先から参加学生のレポートが届きましたので、ご紹介します。


クラスメート

¡Hola!

3月8日からスペイン南部の町、アリカンテに来ています。時差ぼけも特になく、毎日有意義な生活をしています!

出発前には、1ヶ月の滞在期間中に雨が降ることはたぶんないと言われていたのに、ちゃんと晴れたのは1日だけ。
どんよりとした天気が続いてます( ; ; )

私たちはアリカンテ大学の語学教育センターでスペイン語を学んでいます。
様々な国籍の学生と一緒にスペイン語の授業を受講しています。
授業では、日本人がスピーキングが苦手なのが目に見えて分かるのでとても悔しいです。
でも、いろいろな国の学生と関われてとても刺激的です!

旧市街地にて

授業は12時で終わります。午後は自由な時間がたくさんあるので、シエスタをしたり、マドレ(ホストマザー)とおしゃべりをしたり、ぶらりと散歩したりと、スペインの日常生活を満喫できています(*^^*)

水曜日には、スペイン文化を学ぶ授業の一環として、パエージャ作りを体験しました。

みんなでわいわい楽しく料理し、美味しくいただきました♡
お米にちょっと芯が残った食感がアリカンテ式のパエージャだそうです。
研修期間中に他の地域のパエージャも食べてみたいなと思ってます。
まだアリカンテに来て1週間ですが、多くのことを吸収して楽しんでいます!
もっともっと勉強し、いろいろなものを見て、成長して帰りたいと思います。

¡Gracias!

レポート担当:グローバルコミュニケーション学科3年 R・I