グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



外国語学習支援センターブログ

ホーム  > 外国語学習支援センターブログ  > オーストラリア・グリフィス大学の様子④

オーストラリア・グリフィス大学の様子④

季節が真逆のオーストラリア。
クリスマスの時期になると、
サーフィンをするサンタクロースの映像を
ニュースなどで見る人も多いのではないでしょうか。

今回は、昨年の9月からこの3月まで
長期留学に行っている望月さんの
現地での様子をご紹介します!

長いと思っていた留学ものこりわずか。
どんな生活を送っているのでしょうか?


この留学も残り2ヶ月を切りました。
とても時間が過ぎるのが早いと感じます。
クリスマスホリデーを終え、新しいクラスが始まりました。

今回のクラスは日本、韓国、中国、タイ、クエートと国際色豊かで、
楽しく授業を受けています。

また、新しくニューカルドニア出身の5人が加わりました。
彼らは3週間だけの特別なプログラムですが、
いい刺激になりますし、この機会に仲良くなれたらと思います。

授業内容は、ディスカッションが多く、
各自で持ち寄ったニュースから課題を取り上げて話し合ったり、
その日習ったテーマに関する話題について話し合ったりしています。』

『クリスマスホリデー中は何をしていたかというと、
ゴールドコーストを満喫しながら、
充実した日々を過ごしていました。


ジェットスキーやジェットボードに乗ったり、
ダイビングやサーフィンを体験したりしました。

また、一日だけのツアーでしたが、
世界遺産のグレイトバリアリーフと
ゴンドワナ多雨林地域に行ってきました。


ガイドさんのお話からも木の名前やその由来、
原住民のアボリジニ人のとの関連性などを聞くことができ、勉強になりました。

また、ガイドさんの中には、日本語を話せる方もいて、
二つの言語を操る姿に感動すると同時に、刺激をもらいました。

残りのこちらでの生活も悔いのないように頑張りたいです。