グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



外国語学習支援センターブログ

ホーム  > 外国語学習支援センターブログ  > カナダ・ビクトリア大学の様子②

カナダ・ビクトリア大学の様子②

海に囲まれた自然豊かなカナダのビクトリア大学へ
長期留学している下村さんからの報告を紹介します。
留学生も多いUvicではどんな生活をしているのでしょうか?

「こんにちは。ビクトリア大学在学の下村真子です。
1ヶ月の活動報告なのですが、たくさんありすぎて
何を話せば良いのか困ってます。
学校にも慣れて、友達も増えて、相変わらずホストファミリーは素敵で、
UVicも、家も、Victoria も大好きです。
9月中旬ごろには、ルームメイト1人と家族の1人が自分の国に帰ってしまい
とても寂しかったのですが、今でもSkypeやFacebookなどで連絡を取り合い
お互いの国を紹介し、世界中に友達がいる素晴らしい環境を楽しんでいます。」


UVicは、international studentsに対してすごく親身で、
毎週金曜日はcoffee social といった簡易なパーティがあり、毎週末なにかイベントがあります。
参加するかしないかは自由ですが、
他の国の人と知り合いになったり、
UVicのレギュラーの生徒と仲良くなれたりします。

実は、私たち留学生は留学生のためのプログラムなので、
レギュラーの生徒と会うことはなかなかありません。
(すれ違ったり学校内のお店で積極的に話しかければ別ですが。)

学校の部活の試合の応援や、イベントを通すことで、たくさんの人に出会えます。
でも、そういう人たちは大抵crazy です。笑 そういうコミュニケーションがとても楽しいです。

私が参加したイベントは、アイススケート(人生初でした。)、サッカー
バスケの試合の応援、暗闇のドッジボール、先生方のプライベートコンサートです。
これらは全て無料で参加でき、お金を払うものだと、オペラ、アイスホッケーの試合、バンクーバー旅行、などたくさんあります。

そして、今日、10月14日はthanksgiving day の祝日です。
私の家族は13日、日曜日の夜にパーティをしました。
こちらの祝日は、学校はもちろんお休みですが、
その日、その文化、国をきちんと祝い、
本当に祝日という感じです。
私の家では、家族親戚近所の人、
みんなで25人が集まってパーティを楽しみました。
ご飯を食べて、ゲームをして、映画を見て、
今年1年で1番感謝していることを1人ずつ話していきました。
私たち、英語が第二言語の人にとって、真剣に聞いて、
理解して、自分の気持ちを話すということに関して、
こういった機会はとても大切で、良い経験になります。


私のホストファミリーは、どのゲストも
家族の1人として扱ってくれて、
とても充実して楽しい生活を送れています。

クラスメイトの何人かは、良いホストファミリーに会えず、
関係が上手くいかず、毎日苦しんでいます。
ですが、UVicは、相談に乗ってくれて、
必要であれば、ホストファミリーを変えてくれます。

良い家に来て、良い大学で、とても幸せです。
勉強も、イベントも、ボランティアも、これからもいろんなことに挑戦していこうと思っています。