グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



外国語学習支援センターブログ

ホーム  > 外国語学習支援センターブログ  > アメリカ・エバンズビル大学の様子②

アメリカ・エバンズビル大学の様子②

この夏からアメリカ・エバンズビル大学へ留学している
常葉大学外国語学部2年生の5人。
留学生も多く、世界中から来ています。
寮生活でルームメイトとの共同生活をしながら
授業を受けています。

今回は天野さんと山本くんの報告を紹介します。
初めてアメリカへ行った2人の目には
どんな風に映っているのでしょう?


天野さんからの報告です。
もうすぐアメリカに着いてから1ヶ月が経ちます。
大学に到着して2日くらいでオリエンテーションウィークが始まり、
学生生活に関する説明を聞いたり、インターナショナルの学生同士が仲良くなるためのゲームなどをやりました。
授業が始まる前のこの一週間があったことでよりスムーズに学生生活を始めることができました。
学部の授業は想像していた通り大変ですが、今のところは頑張って着いていけていると思います。
また、今までずっと英語そのものしか勉強してこなかった私にとって、英語を使って何かを勉強できるというのは楽しいです。
まだいろいろと不慣れ、不便なこともありますが、毎日楽しくやっています!

山本くんからの報告です。
エバンズビル大学に着いてから早くももうすぐ一か月が経とうとしています。
エバンズビル大学に到着後、10日間ほどのオリエンテーションがありました。
そこでは様々な国から来ている沢山の留学生と出会い、友達になることができました。
中国、ブラジル、サウジアラビアン、イラン、エジプト、など世界中からUEに集まってきました。

オリエンテーションでは、ショッピング、映画、ボーリング、カジノ、そしてパーティーなどをやりました。
到着後数日だというのに、早くも日本と全く違う文化に驚きを隠せませんでした。
代表的な例として、挨拶の仕方です。
その他にも、こちらのパーティーの規模や盛り上がり方も日本とは全く違うと感じました。

そしてこちらに来て感じたことは、友達と話をする上で英語の発音が合っていなければ、
相手に全然伝わらないということです。
この時改めて発音がとても重要であるということを感じました。

また、授業もすでに始まりました。
授業中、先生の言っていることをしっかり理解するのはとても難しいです。
しかし、分からないことは先生に聞けば親身に教えてくれます。

UEにいるみんなはとても優しくて面白い人ばかりです。
そして、とても英語を学ぶには適した大学だと私は思います。