グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



附属機関

ホーム  > 附属機関  > 学生支援機関  > 外国語学習支援センター

外国語学習支援センター

専任教員と学生TA(ティーチング・アシスタント)が一人ひとりのレベルにあわせてサポート。ネイティブスピーカーの教員と積極的に交流し、日常的に外国語に触れる機会を創出します。


目標に合った勉強法をアドバイス

学習アドバイジング

自分に最もあった外国語の学習方法について、専任教員や学生TAが相談に応じます。語学検定用の「個別学習プログラム」でサポートします。

学生の目線から留学を支援

海外留学サポート

留学経験のある学生TAや専任教員が常時相談に応じます。具体的にどんな準備をすればよいか、現地の生活での留意点など、きめ細やかなアドバイスを行います。

ネイティブとの会話を楽しむ

会話練習

ネイティブスピーカー教員と自由に英会話練習をすることができます。スペイン語・ブラジル(ポルトガル)語・中国語・韓国語のための勉強会も開催しています。

パソコンで語学の自習

WBT

「Web Based Training」の略。パソコンを使用した自学自習プログラムで、語学検定の勉強に最適です。また達成ポイントにより、履修単位の認定を行っています。

さまざまな検定の情報提供

語学検定サポート

「TOEIC」「TOEFL」「英検」の他、スペイン語、ブラジル(ポルトガル)語、中国語、韓国語などの語学検定試験の情報提供、学習相談、検定受付を行っています。

語学力を飛躍的に伸ばす

英語多読

辞書を引かなくても読めるレベルの洋書を1,000冊以上読み、語学力を高める「多読」は、注目の学習法。センターでは本の選び方、多読の進め方などのアドバイスをしています。

  • 英米語学科の1年生は全員が多読に取り組んでいます。
  • 全国トップクラスの実績で、初級レベルの学生でも年間30万語以上を読了します。

TA(ティーチングアシスタント)

毎日続けることが結果につながる

最初は多読が苦手だったため、50ワード程度の幼児向けの本をひたすら読みました。少しずつ語数を上げながら毎日読むことを心がけた結果、TOEICの点数も上がり、文章を読む力がつきました。

梅原 大裕 外国語学部 英米語学科 4年
(静岡県立田方農業高等学校出身)