グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



附属機関


基本方針

社会貢献・ボランティアセンターにおけるボランティア情報に関する基本方針

平成22年11月17日
社会貢献・ボランティアセンター(以下、センター)は、学生、教職員のボランティア活動を通して学生、教職員の創造性、自主性及び社会性を育むこと、更に学生及び教職員等が地域に貢献できるよう支援することを目的としています。

以下の方針に基づいてボランティア情報を取り扱うものとします。 

1. ボランティア活動情報の受付

  • 本学の学生に対してボランティア活動を募集する団体及び組織は、「ボランティア募集要項」を持参もしくは、メール、FAXにて提出をしてください。

  • 「ボランティア募集要項」と同時に、「ボランティア募集要請書」(所定)を提出してください。

  • 必要に応じて、団体や組織の概要、これまでの活動実績等の書類の提出をお願いする場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 受付した情報のうち、学生への情報提供が適切と認められた場合は、随時、所定の方法で公開します。

  • 提示された内容と実際のボランティア活動の内容が大きく異なることが判明した場合、また、活動した学生が精神的・肉体的苦痛を受けた場合は、必要に応じた処置を行い、以降の募集を停止します。

  • 個人からのボランティア募集はお応えできません。

2. ボランティア活動の選定基準

  • 公益性、公共性が高いもの。 

  • 営利性がないもの。

  • 安全性が高いもの。

  • 教育的配慮のある対応が行われるもの。

  • 但し、以下に該当するものは受付できません。

    1)法令に違反するもの。
    2)公序良俗に反するもの。
    3)政治的、宗教的活動を主な活動とするもの。
    4)精神的、肉体的苦痛を伴うもの。
    5)22時以降、6時までの深夜早朝の活動。
    6)人命にかかわることが予想されるもの。 
    7)送迎など学生が車の運転が活動の主となるもの。
    8)その他、浜松大学社会貢献・ボランティアセンター運営委員会が不適当と認めたもの。

3. ボランティア活動先との申し合わせ

  • 学生が授業、実習、試験等の学業があるため、時期によってはボランティア活動に参加することが難しい場合があることをご配慮ください。
  • 学生への情報提供が適切と認められた場合でも、すべての依頼にはお応えできない場合があることをあらかじめご了承ください。
  • 希望学生に対して活動内容や条件を詳しく提示し、内容について両者が合意した上で活動を始めてください。
  • 学生に対して教育的観点から、指導、助言を行ってください。
  • 学生がボランティア活動を行う際は、あらかじめボランティア保険に加入していることを確認し、未加入の場合は活動を停止させる場合があります。
  • 社会貢献・ボランティアセンターは、ボランティア活動先及び参加学生に関する情報について、本学が定める規程に従って適切に取り扱い管理するものとします。

4. 免責事項

社会貢献・ボランティアセンターで取り扱う情報に関して発生したトラブル等について、ボランティア活動先に対する責任は負いかねます。あらかじめご了承ください

PDFファイルをご覧になるためには、AdobeReader® が必要です。
パソコンにインストールされていない方は右のアイコンをクリックしてダウンロードしてください。