グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



附属機関

ホーム  > 附属機関  > その他機関  > 地域法政策研究・実践センター

地域法政策研究・実践センター

産官学の共同研究を通じた地域貢献

「地域法政策研究・実践センター」は、法学部の教員と静岡県、静岡市等の行政職員や民間企業人が連携し、現在のさまざまな行政課題や地域政策課題の解決をめざす研究機関です。センターでは、産官学が専門知識や経験を融合させることで、新しい行政モデル・市民協働モデルの提案、地域社会の課題に応えた政策提言などをめざしていきます。

【場所】静岡キャンパス水落校舎


産学官連携による地域貢献の研究・実践の場として、活動します。

主に、静岡県内の地域政策課題について、法的観点から産学官連携で研究します。
本センターの研究員は、本学の専任教員にとどまらず、地域自治体の職員や地元企業、マスコミ関係者の方々を客員研究員として迎えます。
客員研究員は、客員教授などの立場で授業科目を担当したり、ゼミをサポートしたりすることもあります。また、産学官連携の教育研究体制によって、インターシップを支援し、その内容を充実させます。