グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 経営学部  > 在学生・卒業生の声

在学生・卒業生の声

在学生からのメッセージ

坪田 歩美さん(静岡県立浜松湖南高等学校出身)

講義では経営学、経済学を学ぶ座学や、帳簿を書いたり、プログラミングを作る実践的な授業を行っています。また、日商簿記検定等の資格を取得するための対策講座も開かれ、勉強に励んでいます。
将来は金融業に就きたいと思い、その就職に実績のある本学を志望しました。大学生活で培った知識を最大限に活かし、有能なビジネスリーダーを目指したいです。

鈴木 一輝さん(静岡県立島田高等学校出身)

浜松キャンパスの長﨑ゼミに所属しており、そこではWeb浜松という学生主体のホームページ作成・運営団体の活動に携わっています。一般の方、企業の方から依頼を受け、打合せをしながら作成し、作成後もリニューアルなどをしつつ、管理運営をしており、とても実践的な学びができるのが魅力です。
ほかにも経営学特別講義という授業では、地元の有名企業の方を授業の講師に招き、今の日本の産業について教えていただき、実際に会社で働いている方の生の声を聞けるなど、実践的な講義が多いです。
また、資格取得についても無料の課外講座を開いてくださるなどして、多くの学生が競い合いながら資格取得に向けて励んでいます。
このような経営学部で実践的な学びをして、卒業後には即戦力として活躍できるよう頑張りたいです。

卒業生からのメッセージ

松下 悠さん(静岡県立榛原高等学校)

就職先:富士ゼロックス静岡株式会社

先生との距離の近さが魅力、
授業も地域活動も先生の熱い指導が息づいています。

この大学の良さは、学生と教員の距離がとても近いところです。大学3年生の時、ゼミの仲間とさまざまな資格を取得したのですが、この時もゼミの先生が熱心に受験計画を立てて、指導してくださいました。本当に感謝しています。またゼミ活動で特に印象に残っているのは、地域活性化のためのイベントを企画し、実際に運営したことです。歴史ある地元のお祭りに参加したり、集客のための企画をしたり、地元自治会の方々と共に地域の魅力を発信するためのイベント等を開催しました。自分たちが主体となって行ったこうした貴重な体験は、チームワークの大切さや組織で目標を達成する難しさを教えてくれました。地域貢献活動は、自分自身の成長に役立つと思いますし、社会に出てからも生かせると思います。
4年で受講した営業や販売に活かせるテクニックや実践方法の授業は興味深かったですね。また就職活動では、経営戦略論や経営管理論で学んだことが面接の際に質問され、きちんと答える事ができました。これらの講義はこれから社会で活躍する上で必要な知識だと感じました。

林 美波さん(安城学園高等学校〔愛知県〕出身)

就職先:浜松信用金庫

資格取得から就職面接まで強力に
バックアップしてくれる心強い体制に感謝!

本当にあっという間の4年間でした。担当教員の薦めもあり、ファイナンシャルプランナー3級、日商PC検定、医療事務、サービス接遇検定等、さまざまな資格を取りました。これだけ多くの資格を取れたのはゼミ担任のおかげだと思っています。就職先を金融機関に決めたのは、ファイナンシャルプランナー3級に合格したことがきっかけです。生活の中で役立つ知識が満載で、とても興味深かったからです。
キャリアサポートセンターの方の薦めで、浜松信用金庫の支店を見学させていただきました。その際、社員の方が生き生きと働いている姿を目にし、私もこうした環境の中で切磋琢磨しながら働きたいと思いました。
ゼミでは経営や経済の知識を学べるだけでなく、面接対策等でもバックアップしていただきました。面接の練習等はひとりではなかなかできません。グループディスカッションではゼミのメンバーにも協力してもらいました。第一志望の会社から内定をいただくことができたのは先生のご指導をはじめ、ゼミの仲間の協力のお陰と思っています。

増田 大輝さん(加藤学園高等学校〔静岡県〕出身)

就職先:伊豆箱根鉄道株式会社

地域経済の発展に貢献したいと思い、鉄道、バス、タクシー事業など、地域に密着した事業を展開する当社を志望しました。大学ではさまざまな考え方や知識を学ぶことができます。それが自身の幅を広げ、社会人としての基礎をつくります。ぜひ大学4年間で、勉強はもちろんのこと、サークルやアルバイトなど、たくさんの人と出会い、人間としての幅を広げてください。

水野 翔介さん(静岡県立藤枝東高等学校)

就職先:藤枝市役所

社会人として働くようになって、人とのコミュニケーション力が重要であることを改めて痛感しました。コミュニケーションをとりながら、どれだけ自分の色を出していけるかが大切になります。その意味でも、大学時代、サッカー部や学生生活のなかで、たくさんの仲間たちや先生方と関わってきたことは、自分自身のコミュニケーション力を磨くうえで、貴重な経験となりました。

山口 聖華さん(静岡県立藤枝北高等学校出身)

就職先:ホテルグランパシフィックLE DAIBA

在学中はサービスの勉強をし、JAL・オークラホテルのインターンシップに参加した際には、サービスの第一線のお客様に対するおもてなしの心、お客様に満足していただくための努力、仕事に対する責任感を見ることができました。
卒業後は多くのホテルが集まる東京で最高級のサービスを学びたいと考え、このホテルを志望しました。
常に「なりたい自分」を持ち続けることで今まで気が付かなかった新しい自分に出会い、成長することができると実感しました。大学時代に経験したオーストラリア留学も、今の仕事に大きく影響しています。

舘野 祐一さん(神奈川県立東金沢高等学校出身)

就職先:静岡県警察本部

時には報われないこともある。
けれど、任務達成の喜びは計り知れない。

私が所属するのは刑事部門の機動捜査隊という部署です。機動捜査隊とは主に刑事事件を取り扱い普段は私服で覆面パトカーに乗車して活動しています。任務は犯罪の初動捜査。つまり犯罪が発生した時いち早く現場へ臨場し、被疑者がいれば逮捕する。まさに犯罪の最前線での活動です。この仕事を志望した理由は犯罪者の検挙や抑止活動により地域に貢献できると思ったからです。現実となった今、被害者に感謝された時の喜びは言葉では言い表せないほどの達成感があります。今後、被害者に感謝されるだけでなく、検挙した被疑者が更生し感謝される刑事を目指します。目標は生涯刑事です。