グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 健康科学部  > 学部の特長

学部の特長

チーム医療の一員として健康な地域社会をささえる、看護師・理学療法士に

医療の高度化や複雑化がすすみ、各分野のスペシャリストが力をあわせて治療にあたる「チーム医療」が当たり前になってきました。
こうしたなか、看護師や理学療法士にはこれまで以上に高い専門性が求められるようになっています。健康科学部は、高度化する医療ニーズに対応した、最新の知識と技術をもつ看護師・理学療法士の育成をめざします。
また、本学の伝統である「人間教育」を受け継ぎ、生命に対する深い尊厳の気持ちを養っていきます。確かな「知」と豊かな「徳」を備えた看護師・理学療法士を地域社会に送りだすこと。それが、健康科学部の使命です。


【専門性】医療の高度化に応えた 「専門的なカリキュラム」

医療の進展にともない、看護師・理学療法士には、高度な専門性と幅広い知識が要求されています。このような高度化する医療ニーズに対応できる、実践的かつ専門的なカリキュラムを組み、地域医療の現場で活躍できる力を養います。

【連携】2つの学科が連携した学び 「チーム連携セミナー」

看護学科と静岡理学療法学科が合同したカリキュラム構成も特色の一つです。「チーム連携セミナー」では、両学科の学生がチームを組み、プロジェクト学習を通して、お互いの専門分野の違いや共通性を理解するとともに、医療チームの連携・協働について実践的に学びます。

【人間力】深い知性と豊かな 人間性を養う「人間力セミナー」

専門技能だけでなく、全学共通である「人間力セミナー」など幅広い分野の一般教養科目や、「医療と倫理」などの講義を通じて、医療職である看護師や理学療法士に求められる深い知性と豊かな人間性も養います。

【地域】医療・保健・福祉などの 幅広い分野で活躍する人材育成

病院や医院などの医療分野にとどまらず、社会福祉施設、公務員、一般企業など、幅広い分野で地域社会の健康に貢献できる人材を育成します。
看護学科医療の高度化、チーム医療の進展、訪問看護など、
これからの看護ニーズに応えることができる看護師を育成します。
静岡理学療法学科リハビリや在宅医療についての専門知識と技術を持ち、医療・介護・スポーツなど幅広い分野で活躍できる人材を育成します。