グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 健康科学部  > 静岡理学療法学科  > 4年間の学び・カリキュラム

4年間の学び・カリキュラム

このページの目次


学びのステップ

1年次
自らのめざす理学療法士像について考える

教養教育科目とともに専門基礎科目を学び始めます。「医療概論」では、静岡理学療法学科、看護学科の2つの学科の学生および教員の区別をすることなく講義と演習を実施し、お互いの分野についての理解を深めます。また、医学の最も基礎となる解剖・生理学を学び始めます。
2年次
基礎的な専門知識の蓄積と医療職としての倫理観を養う

理学療法の専門科目を学習する前に、基礎・臨床病態学、機能解剖学、運動学、呼吸・循環・代謝学、障害学およびリハビリテーション学などの理学療法の基礎的知識を学びます。また、「医療と倫理」で医療人として基本となる倫理観を養います。
3年次
専門的知識の学習とその臨床体験を実践する

専門科目の学習を深めながら、それらの知識を応用するための臨床実習を開始します。臨床理学療法を中心とした検査・治療科目を学ぶとともに、病院や地域医療の理学療法の現場で想定される様々な事象や現象について理解します。
4年次
自らの理学療法観を確立し、臨床的な応用力を学習する

それまでに学んだ専門的な理論や技術を統合させ、自らの理学療法観を明確にします。「病院実習」による臨床理学療法の集大成を実践するとともに「看護・理学合同実習」を通して在宅実習を体験します。

静岡理学療法学科カリキュラム(履修モデル例)(PDFダウンロード)


学びの分野

解剖学

人体の構造について学び、2年次、3年次の専門科目を学ぶための基礎を作ります。

機能解剖学

解剖学で学習した基礎知識を活かし、関節や筋肉の特徴や神経の役割から人体の運動の仕組みを学習します。

基礎運動学・臨床運動学

解剖学や機能解剖学で学習した知識を活かし、人体の運動機能について各種測定機器を活用しながら学習し、運動機能や日常動作の分析力を身につけます。

理学療法評価学

問診から視診、検査・測定を学ぶ学問で、動作や機能障害の把握のための客観的方法を系統的に学習していきます。

理学療法治療学

運動器障害、神経障害、内部障害、小児発達障害などに対する専門知識を養うとともに、具体的な理学療法技術を身につけていきます。

スポーツ障害と理学療法

スポーツを行う全ての人々が抱えるさまざまな問題を解決するために必要な理学療法の知識、技術を学びます。

地域理学療法学

在宅や地域におけるチーム医療の一端を担うために、高齢者福祉、介護予防、ケアマネジメント、住環境などについて幅広い知識を身につけていきます。