グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院


学科の特長

医療・保健・福祉の現場で活躍できる「理学療法士」に

「理学療法士」は、チーム医療の一端を担う医療専門職です。本学科では、医師、看護師など他の医療職と連携・協働して、病院はもちろん在宅医療など幅広く地域で活躍することができる人材を育成していきます。


学科のポイント

チームで行う医療や
在宅支援の教育
リハビリテーション医療において、理学療法士は患者治療・支援等を行うチームの一員であることを踏まえ、理学療法士以外の関連職種の仕事内容についての理解を深めます。
地域・在宅志向型の
理学療法士の育成
これからの理学療法士は、在宅領域における役割が期待されます。このことから、本学科は地域・在宅で活躍する理学療法士の育成に力を注ぎます。
エキスパート
理学療法士への志向
臨床現場で欠かせないコミュニケーション力、分析・統合力、問題解決力、治療技術の遂行能力、行動変容させる力、社会貢献能力を養います。

静岡県理学療法学科が育てたい人材

人々の健康生活を支え、地域社会に貢献できる人材

確かな倫理観、職業観をもった医療専門職

現代社会の様々な要請や課題に応えることができ、患者さんや利用者から信頼される、確かな倫理観と職業観を持った医療専門職「理学療法士」を育成していきます。

<関連科目>
医療と倫理/理学療法学特論/医療概論 など

チーム医療で円滑な人間関係が築ける人材

理学療法士はチーム医療の一端を担います。そのメンバーとなる医師、看護師、作業療法士など他の医療職と連携・協働して、治療と支援にあたることのできる人材を育成していきます。

<関連科目>
チーム連携セミナー/人間関係論/人間力セミナー など

実践的な臨床能力を備えた人材

実践的な演習、また幅広い分野の専門知識の習得を通じて、理学療法士に欠かすことのできない臨床での判断力、事務能力を身につけていきます。

<関連科目>
機能解剖学/障害別機能評価演習/リハビリテーション障害学
臨床検査と画像データ解析/マニュアルセラピー など

地域・在宅医療に貢献できる理学療法士

高齢者福祉、介護予防などについて学び、地域・在宅医療の現場で、看護師などの専門職と連携しながら、理学療法士として中心的な役割を担うことのできる人材を育成します。

<関連科目>
看護・理学合同演習/地域と理学療法/高齢者の医療福祉と介護予防 など

向上心と研究心を持ち続ける人材

患者さんの健康と幸福のために、理学医療法に対する向上心と研究心を持ち続け、自己研鑚しながら医療の進歩に対応できる人材を育成します。

<関連科目>
健康増進論/理学療法研究セミナー/臨床研究 など

学びの特色

「看護・理学合同ゼミナール」で医療におけるチーム連携・協働について学ぶ

看護学科との合同講義や合同演習を通じて、看護教員による指導を積極的に取り入れます。また専門科目の授業では、合同セミナーや合同実習を通じて、医療チームの一員として理学療法士の果たす役割などを学生自身が理解できるようにします。

豊かな人間性と専門的な知識・技術に裏付けされた実践力

講義や演習では、臨床現場の理学療法実践をもとに、理学療法の原理や法則について学んでいきます。このような教育により、学生の理学療法実践力、臨床判断力、医療倫理力を高めていきます。

地域に貢献できる理学療法観を養う

訪問リハビリテーション実施機関・施設での実習を通じて、在宅生活を送っている高齢者等に対する支援を実際に体験することで、地域・在宅における治療・支援方法を習得していきます。