グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 健康科学部  > 看護学科  > 在学生の声

在学生の声

在学生からのメッセージ

市川麗奈さん(静岡市立高等学校出身)

勉強が大変な時もありますが、
達成した時の喜びや充実感は大きいです

1年生の頃は教養教育科目だけでなく専門科目でも座学の授業がほとんどでした。2年次以降は基礎的なことから、より細かな専門分野に分かれ、看護師として必要な技術について学ぶ機会が増えます。「基礎看護技術論」では、実際に人への採血を経験しました。先生が近くについていてくださいましたが、とても緊張して手が震えたのをよく覚えています。受け身の授業ばかりではなく、自ら考える授業もあり、毎日充実しています。

窪田愛菜さん(静岡県立静岡西高等学校出身)

壁にぶつかった時は、
親身な先生方と仲間が心の支えになってくれます

看護学科の魅力は、先生方が親しみやすいところです。もちろんそれだけでなく、時には厳しく指導してくださいます。また、実技の試験や病院での実習など、大変なことも沢山あり、挫折してしまいそうになることもありますが、同じ夢を持つ仲間がいることでくじけずに頑張ることができます。先生方の指導の下、同じ志を持った仲間たちとともに、常に向上意欲を持って患者さんの気持ちを第一に考えられる看護師を目指していきます。

田中 綾菜さん(常葉学園高等学校出身)

看護師として何ができるかを考える

看護過程とヘルスアセスメントの授業では、看護計画の立て方を学び、患者さんのカルテを読み込んで看護師としてどのような援助ができるのかをさまざまな視点から考えます。優先すべき援助は何かということにも、目を向けるようになりました。

紅林 美乃里さん(静岡県立静岡高等学校出身)

患者さんの可能性に目を向けたい

2年次の実習では、患者さんができないことに目を向けるのではなく、できることや可能性を見つめて看護する重要性を学びました。患者さんに寄り添いながら、背中を押してあげられる看護師になることが目標です。