グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 健康科学部  > 看護学科  > 4年間の学び・カリキュラム

4年間の学び・カリキュラム

このページの目次


学びのステップ

1年次
自らがめざす「看護師像」と向きあう

「人間力セミナー」など全学共通の教養科目を通じて、患者さんとのコミュニケーションに欠かせない幅広い教養を養います。 また、専門科目の「看護学原論」では、看護師の歴史や考え方などを学びながら、自分自身がめざす看護師像について考えます。
2年次
看護学実習で医療の現場を体験する

「基礎看護学実習Ⅱ」では、実習先医療機関で入院患者さんを受け持ち、これまでに学んだ理論や技術を実践しながら、看護師の仕事を体験します。 また「看護基礎ゼミナール」では看護観や死生観について見つめ、技術・知識だけでなく医療人としての人間性も養います。
3年次
専門領域の実習から進路を考える

成人・老年・母性・小児・精神など、それぞれの専門領域の「看護学実習」がスタート。 専門分野の知識と技術をさらに深めていきます。 また実習での体験を踏まえながら、看護師としてのキャリアイメージや具体的な進路についても考えます。
4年次
看護学の統合を図り、国家試験に挑戦する

これまでに学んだ理論や技術を統合させるとともに、「看護観」を確立。それまでの実習で習得した学びを統合させながら、「在宅実習」や「統合実習」を体験していきます。 また、「看護師国家試験」についても徹底したサポートを行い、確実に合格へとつなげます。

看護学科カリキュラム(履修モデル)(PDFダウンロード)


学びの分野