グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院


在学生・卒業生の声

在学生からのメッセージ

佐藤 宇紘さん(静岡県立沼津東高等学校出身)

アスレティックトレーナーを目指して

専門科目では、機能解剖学やスポーツ整形外科学、トレーニング論・演習などの身体系科目や、ストレスマネジメントなどの心理系科目など、幅広く学んでおります。アスレティックトレーナー(AT)を目指している私は、テーピング演習やコンディショニング演習なども履修しています。専門科目では覚えることが多く大変ですが、トレーナーサークルの仲間と勉強したり、先輩に教えてもらったりしながら日々頑張っています。また、2年生から始まるAT実習では実際に大学の運動部で学生トレーナーとして現場実習を行い、選手のサポートや指導、監督、コーチとの連携など、実践経験を積むことができます。
卒業後の目標は、もちろんアスレティックトレーナーの資格を取得することです。そして2020年開催予定の東京オリンピックで、私もトレーナーとしてこのビッグイベントに関わりたいと思っています。

金子 夏実さん(静岡県立静岡東高等学校出身)

現在はアスレティックトレーナーになるための勉強として、解剖学や運動学、リハビリなど身体に関わることから、メンタルトレーニングなど心理面に関わることを学んでいます。
「身体機能評価測定法」という授業では、関節の可動域を測ったり、徒手で筋力を測ったりします。正しい測り方を学び、たくさんの筋肉の起始・停止を覚えたことが、とても印象に残っています。
この学科は、アスレティックトレーナーを目指している仲間や、教員を目指している人、フィットネス関係の仕事に就きたい人など、色々な考え方を持っている人と交流が持てることも魅力の一つだと思います。
将来の目標は、女子サッカーチームのアスレティックトレーナーになることです。それ以外にも、日本代表レベルから、育成年代のさまざまな競技のトレーナーとして活躍できるよう、現場での経験をもっともっと積みたいです。

鈴木 晟也さん(静岡県立浜松西高等学校出身)

私は高等学校の保健体育科の教師になることを目指し、この学科に入学しました。
心身マネジメント学科は心理学系の専門的な授業が多数あるため、実際に教育現場に出たときに、生徒を心理面からサポートする力が付き、他の大学にはない特長だと思います。
スポーツ科学やスポーツ指導者としての専門知識など、多くの付加価値を付けることができるこの学科で、現場で即戦力となれるような保健体育教師を目指したいです。

卒業生からのメッセージ

松下 暁さん(静岡県立磐田北高等学校出身)

就職先:静岡県公立中学校(保健体育)

私は中学校保健体育教員を目指して心身マネジメント学科に入学しました。本学では教員を目指すための教育体制がとても充実しています。
先生達との距離がとても近く、教育現場に対応した細かく丁寧な指導を受けることができます。
また、地域の学校でのボランティア活動や教職研究会(教員採用試験対策サークル)など、課外活動においても教員志望者が積極的に学べる場が整っていたので、教員採用試験に現役合格ができたと思います。

鎌田 健一さん(藤枝明誠高等学校出身)

就職先:メディカル・スポーツ・マイスター(エム・エス・マイスター)

目標は人の体のスペシャリストになること

ジュニアからシニア世代まで、スポーツに携わる方々が訪れるこの職場で、アスレティックトレーナーの資格を活かしてさまざまなサポート活動を行っています。リハビリ、トレーニング、コンディショニング、応急処置などサポートの領域は幅広く、まさにトレーナーというにふさわしい職場です。在学時に体験した学生トレーナーとしての活動、充実した設備での数々の実習は、今の私の基礎となっています。競技レベルや年齢、性別、それぞれに合わせた質の高いサポートを提供できるトレーナーを目指しています。

大石 哲也さん(静岡県立榛原高等学校出身)

就職先:船橋整形外科病院 アスレティックトレーニング部

ATとして活躍

私はAT資格を取得し、バスケットボールやラグビーの国体チームをサポートする機会を得ました。大変なこともありましたが、やりがいを感じながら活動ができました。
現在は病院のアスレティックトレーニング部でアスレティックトレーナーとして働いています。私の原点である本学科では、整った施設と実習環境の中で第一線で活躍された先生方の下で学べ、「トレーナーとしても、人としても、自分を成長させられる魅力的な環境だった」と、今改めて感じています。

内藤 ちひろさん(静岡サレジオ高等学校〔静岡県〕出身)

就職先:サルーテ・アリス

健康づくりの現場で社会貢献

健康運動指導士の資格を取得し、現在、健康増進施設サルーテ・アリスで医療スタッフと連携して健康づくりのサポートをしています。利用者一人ひとりの状況に合わせたメニュー作りはなかなか大変ですが、そんなときは学生時代のテキストや授業ノートを見直すとヒントが得られたりします。これからも幅広い要望に応えられるよう、がんばりたいと思います。

神村琴乃さん(沖縄県立向陽高等学校出身)

就職先:沖縄県糸満市社会福祉協議会 (健康運動指導士)

高校時代にスポーツトレーナーを目指そうと、全国の大学を探した中、心理・栄養・体育と総合的に学べて、ATを目指す道もある本学に進学しました。4年間、スポーツに目を向けていましたが、就職活動の頃、地元沖縄にはお年寄りが多いことから進路を変更しました。
地元でわずか1名しか募集していなかった健康運動指導士の仕事に就くことができ、現在は沖縄で糸満市や地域が主催する高齢者の体操教室の指導員をしています。
学生時代、スポーツのために学んだ身体機能の知識などを活かし、地元のお年寄りを元気にするお手伝いをもっともっとしていきたいと思っています。

谷澤 未来さん(静岡県立静岡城北高等学校出身)

就職先:株式会社 ティップネス

健康のサポートをさまざまな角度からアプローチ

心身共にリラックスできるものを提供するために、フィットネスクラブのレッスンで音楽にあわせて体を動かしていただくなど、お客様の健康づくりをサポートしています。今の仕事ではバイオメカニクスからストレッチの実技まで、大学で学んだ多くのことが活かされていると実感しています。今後は効率的に脂肪を燃やしたりするコツなどを伝えていきたいです。