グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 健康プロデュース学部  > 心身マネジメント学科  > カリキュラム・授業内容

カリキュラム・授業内容

心身マネジメント学科カリキュラム(履修モデル例)PDF


将来の夢と資格に直結する講義

身体(AT)系

身体機能評価測定法/演習他者、もしくは自分自身の身体特徴や身体機能の変化を正確に捉える能力は、スポーツ指導者、競技者、トレーナーなどにとって不可欠です。トレーニング効果や日々のコンディションを評価したり、選手の受傷程度やリハビリの進捗を評価したりするために必要な各種検査法とその解釈を、演習を交えて身につけます。
アスレティックトレーニング実習I~VIアスレティックトレーニング実習では、学内の運動部で“学生トレーナー”として実践活動を行います。これまでに学んだ、テーピング演習、コンディショニング論・演習(ストレッチやトレーニング法等)、応急処置などを、実際にアスリートを対象に実践します。

身体(健康)系

健康科学概論健康に関する基本的な概念を学ぶ科目です。身体の構造、生理、機能に関しての最低限の知識を身につけ、医・科学的な視点から「健康」について考察し、自らの健康の維持・増進に対して適切な行動ができるようになることを目指します。
健康運動処方基礎演習/応用演習  運動は、諸刃の剣に例えられるように、正しく運動すれば健康に良い効果を及ぼしますが、そうでなければからだに害を及ぼすこともあります。これらの演習では、健康づくり運動に関する基礎理論を学ぶとともに、こどもから高齢者、さらには競技者まで、幅広い対象者に対して、安全で効果的な運動プログラムを作成できる実践力を身に付けていきます。

心理系

スポーツ心理学概論スポーツに関わると、こころの重要性を痛感させられます。この授業では、スポーツに関わるやる気(動機づけ)、メンタルトレーニング、運動学習、パーソナリティなどの心理的要因を、競技者や指導者の視点に立って理解を深めます。
心理臨床テスト論・基礎演習    この授業では心理テストに関する基本的なことを学んでいきます。授業はまず自分が心理テストを受けるという演習から始まり、その分析の仕方や解釈の仕方などを学び、最後にレポートにまとめます。この授業を通して、さまざまな心理テストから見られるさまざまな自分の性格特性について知ることができるのも魅力の一つです。

社会系

スポーツマネジメント近年スポーツは一大産業となり、オリンピックやワールドカップの視聴率や経済効果、プロスポーツ選手の年俸についての話題を耳にする機会も増えてきました。本科目では、スポーツと経済の話にとどまらず、地域スポーツやスポーツ関連組織においても必要とされる組織運営(マネジメント)の基本から方法論まで幅広く学びます。
スポーツビジネス戦略論      スポーツ用品産業、スポーツ施設・空間産業、スポーツサービス産業、プロスポーツビジネスなどを取り上げ、その戦略的観点からスポーツマネジメントの学びを深めます。他に、「スポーツメディア論」、「スポーツマーケティング論」などの科目も関連します。