グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 健康プロデュース学部  > 健康柔道整復学科  > 4年間の学び・カリキュラム

4年間の学び・カリキュラム

接骨院で、リハビリの現場で、 幅広い分野で活躍できる柔道整復師に

柔道整復とは、手術をせずに人間がもつ自然治癒力を最大限に活かして、治療する日本古来の医術です。本学科では、広範な医学知識と専門的な柔道整復の技を学び、幅広い視野と知識をもつ柔道整復師を育てます。


このページの目次


柔道整復師とは?

柔道の「活法」を基本とした日本古来の医術に、西洋の医学技術が加わった治療法を柔道整復といい、一般的に接骨・ほねつぎとして知られる仕事です。
外科手術、薬品の投与によることなく、打撲、捻挫、脱臼、骨折、または肩こり、腰痛などに対して、応急的、医療補助的に、その回復を図ります。
将来は、接骨院の独立開業、整形外科・リハビリテーション科などの病院勤務はもちろん、福祉、産業、スポーツなどの分野での活躍が期待されます。

健康柔道整復学科カリキュラム(履修モデル)PDF


授業内容

柔道整復実技

さまざまな徒手検査法や問診法、視診法、触診法を用いることで、保存療法が適応か不適応かの判断ができる医学的客観的技術を習得していきます。学生間で患者と施術者になり、インフォームドコンセントのあり方についても習得します。

臨床柔道整復学

機能回復の過程で、外科的対応が必要な例、保存的に対応できる例の違いについて、医学的に明確に学習していきます。また、保存療法で適切に対応できる例などを中心に、ギプス固定法や装具療法も含めた内容で学習していきます。

基礎柔道整復学

人体を構成する骨、筋、関節、靱帯、血管系の形態と構造を理解し、柔道整復を学ぶための基礎となる人体の正常な構造について系統別に理解をし、骨折、脱臼、軟部組織損傷の総論について学習します。

臨床実習

柔道整復師としての職業的な知識・思考法・技能・態度の基本的な内容を学び、診療参加型臨床実習として、実践的に臨床実習を行い、患者やその家族に適切な科学的説明ができるよう実習していきます。