グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 健康プロデュース学部  > 健康栄養学科  > 在学生・卒業生の声

在学生・卒業生の声

在学生からのメッセージ

渥美 文也奈さん(静岡県立磐田南高等学校出身)

専門科目として、食品学や基礎栄養学、人体構造・機能論などを学んでいます。食品の成分や消化のしくみなどを非常に深いところまで学んでいきますが、どれも最終的には人々の健康に結びつく重要なことです。
とくに印象的だった授業は健康プロデュース概論で学んだ血圧についての講義です。高血圧には塩分摂取が密接に関係していることや、減塩の工夫、そしてその効果を学び、これらは全て、人々の健康につながっていることを学びました。
管理栄養士の活躍するフィールドはさまざまです。将来の進路として、子どもが好きだから、将来を担う子どもたちに食事を提供するために給食関係に進もうか、スポーツにも興味があるからスポーツ選手の栄養管理も魅力的だなと、今は色々な希望を持っています。しかしどんな道に進むことになっても、「食」の面から人々の健康を、そして充実した幸せな生活をサポートするという目標は、いつまでも持ち続けていこうと思っています。

山本 詩織さん(静岡県立静岡東高等学校出身)

食品学の授業では食品に含まれる栄養素や成分について細かく学ぶことができ、今後学んでいく専門科目の基礎づくりとしてとても勉強になります。1年次から調理実習や実験もあり、どれも食や栄養について楽しく学ぶことができる授業ばかりです。
将来は病院や給食センターで、人々の健康のために働く管理栄養士を目指していますが、フードコーディネーターの資格取得も目指したいです。
管理栄養士を目指す環境が整っている常葉大学で、ぜひ一緒に学びましょう!

川本 大貴さん(静岡県立浜松南高等学校出身)

食品は生命の根源であり、一番人々に関係することだと思い、将来は食品開発の道に進みたく思い、健康栄養学科を志望しました。
本学科では基礎栄養学、調理学、人体構造機能論などさまざまな科目を学ぶことで、しっかりと基礎が身につきます。知識の幅の広がりが食品開発や臨床栄養など新しい分野の興味につながり、キャリアにもつながっていきます。
入学後、授業や先輩の論文発表を聞く機会があり、新たな道としてスポーツ栄養学を学び、スポーツ選手にとって重要な健康管理に携わる仕事にも興味を持ち始めました。今後は、食品開発やスポーツ栄養といった夢の実現のため、幅広く知識を習得していこうと思います。

卒業生からのメッセージ

渥美 尚子さん(静岡県立浜北西高等学校出身)・青島 理恵さん(静岡県立磐田北高等学校出身)

就職先:社会福祉法人明康会 みどり保育園 (管理栄養士)

子どもたちからすぐに反応があるのが嬉しい。

保育園では0歳から小学校就学前までの乳幼児の昼食とおやつをつくり提供しています。食物アレルギーのこどももいるので、日々、勉強はかかせません。こどもたちのなかには好き嫌いのある子もいますが、楽しく食べられるよう料理方法を工夫しています。こどもたちは、その日の献立にすぐに反応してくれます。「おいしかったよ」「ママに作り方、教えて」と話すこども達のことばはとてもうれしいです。この大学に入学した動機は、それぞれ違いますが、今はみどり保育園の栄養士として、よい仲間とこどもたちに囲まれながら毎日楽しく働いています。

飯塚 麻貴さん(静岡県立焼津中央高等学校出身)

就職先:藤枝平成記念病院(管理栄養士)

小さい頃から料理が好きでパティシエに憧れていましたが、作るだけではなく栄養や健康に関われる栄養士という仕事があることを知り、もっと勉強したいとの思いで入学しました。
常葉大学は介護食や嚥下(えんげ)食に力を入れていて、先生方も専門家揃いなのが魅力です。現在は、民間の総合病院と、併設する老人施設で管理栄養士をしています。病室を回って患者さんの食事をチェックし、どうすればもっとスムーズに栄養補給ができるかなどを検討して改善するのが主な仕事です。
赤ちゃんからお年寄りまで栄養面で支えられる、この人に聞けば何でも答えてくれると頼りにされるような管理栄養士を目指しています。

相馬 明朱美さん(静岡県立磐田北高等学校出身)

就職先:浜松市立気賀小学校(学校栄養職員)

現代の子どもたちにこそ、食のサポートが必要

大学の授業で子どもに対する「食育」の大切さを知り、子どもたちと直接関わることができる学校栄養職員を志望しました。この学校には給食室があり、私の主な仕事は献立作成や食材の発注です。「どうしたらおいしく食べてくれるかな」と、考えながら献立を立てることはとても楽しいです。児童は味や食材の好き嫌いにとても素直に反応します。給食の時間には、教室を回り、子ども達と交わりながら「食の大切さ」を伝えています。給食を通じて子どもたちの将来を支えたいと思います。

木下 裕貴さん(静岡県立島田高等学校出身)

就職先:静岡県立総合病院内シダックスフードサービス株式会社

いつかアスリートの栄養管理に携わりたい

この病院は720床の急性期総合病院で、1回の食事に約400〜500食を提供しています。食数管理業務や発注、透析食の調理を受け持ち、また事故を未然に防ぐための対策をたてる、インシデント対策部のメンバーとしてより安全な食事を提供できるよう努力しています。就職先として委託業者を選んだ理由は、現場での経験は管理栄養士として働くための基本であると考えたからです。いつかアスリート栄養部門で仕事ができるように今はしっかり現場経験を積みたいと思います。