グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 健康プロデュース学部  > こども健康学科  > カリキュラム・授業内容

カリキュラム・授業内容

自然のなかで、地域のなかで 教育力と人間力を磨いていく

恵まれた自然環境を活かしながら、地域と密着・連携しながら、授業だけでなく様々な課外活動やボランティア活動を通じて、幅広い視野と豊かな人間性を備えた、保育・教育界のリーダーを育成します。


このページの目次


こども健康学科カリキュラム(履修モデル例)PDF


学科独自の子育て支援事業

学生による企画・運営イベント「こどもむら」

年に4回、近隣の親子をキャンパス内に招いて行うイベント「こどもむら」。浜松キャンパスの豊かな自然環境を活用し、地域の親子にさまざまな遊び体験を提供します。自然体験を通して子どもたちに好奇心を養ってもらうことや、学生の保育力を磨くことが狙いで、学生が企画から運営まで全てを行っています。授業で学んだ保育技術や知識を実践し、研究にも役立てています。


子育て支援環境をつくる 親子教室「ポッケ」

ポッケの「P」はparentsの「P」、「K」はkidsの「K」
親子とふれ合うことができる子育て支援環境

親と子が一緒に楽しめる遊びや子育てのヒントをポケットいっぱいに入れてほしいとの願いから、大学が提供する子育て支援事業として始まりました。コーディネータースタッフのもと、学内外の講師と学生ボランティアが親子と一緒に毎週楽しい遊びを展開します。学内にいながら、小さなお子さんや保護者の方々との交流を体験できる貴重な子育て支援環境のもと、学生は保育実践力を身につけることができます。

直接体験と手作りの 保育を大切にする「自然体験学習園」

授業や自然系ゼミ活動に活用されているのが、キャンパス南側に広がる「自然体験学習園」です。どんぐりの木の周りに作られたツリーハウスは、学生・教員・地域の親子・大工さんの協働作業により、毎年拡張を続けています。自然と人に積極的に関わりながら、直接体験と手作りの保育を大切にする学習環境がここにあります。