グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 健康プロデュース学部  > 健康鍼灸学科  > 在学生・卒業生の声

在学生・卒業生の声

在学生からのメッセージ

鈴木 杏那さん(静岡県立磐田北高等学校出身)

鍼灸の国家資格を持ったトレーナーは、治療ができることを知り、けがをした人を鍼灸の力で支えたいと考えるようになりました。市民マラソン大会でサポートをしたり、学会で刺さない鍼の研究発表をしたりするなど学外での活動も多く、学びの刺激になっています。
実技実習では筋肉の起始停止など、実際に触ってみないとわからないことがわかり、大変勉強になります。また、1対1で行うので、色々な人とコミュニケーションを取る練習にもなります。
東洋医学の知識を活かし、ケアもできるトレーナーを目指したいです。

松田 直樹さん(愛知県立豊橋南高等学校出身)

オープンキャンパスで、鍼灸師は開業が可能であること、大学院に進学してさらに深く学ぶチャンスがあることを知り、専門学校ではなく大学進学を決めました。また、鍼灸を学べる大学は全国でも少なく、愛知県からも自宅通学が可能であったため、常葉大学を選びました。
健康鍼灸学科は先生方に何でも相談できる環境にも恵まれており、毎日が充実しています。また、国家試験の対策も、過去問を中心に豊富な指導を受けられ、自身につながっています。

富山 はるなさん(常総学院高等学校〔茨城県〕出身)

鍼や灸の実技、ツボの取穴や東洋医学、骨や筋肉の構造などの専門的なことを中心に学んでいます。
ボランティアなどに参加して、基礎実習や経絡経穴取穴実習、東洋医学で勉強したことを実際にどのように使うのか、何を覚えていた方がいいのかを学ぶ実践的な活動も行っています。
難しい勉強はありますが、先生や先輩方が親切丁寧に教えてもらえるので、意欲的に学べる楽しい学科です。将来は美容系の鍼灸の道に進みたいと考えています。

横山 愛さん(岐阜女子高等学校〔岐阜県〕出身)

鍼灸についての基礎知識はもちろん、東洋医学以外にも必要な解剖学、生理学など、さまざまな視点で鍼灸を学んでいます。
1年次に初めて鍼を自分で刺したり触れたりした基礎実習もとても勉強になりましたが、2年次で学んだ「選経選穴学の基礎」でどこのツボが何に効くという知識はもちろん、臨床における治療効果や、先生方の経験に基づいたツボの基礎を知れて、大変楽しく講義が受けられました。
私は大学か専門学校か、どちらに進学するか迷いましたが、専門的な知識だけでなく、大学だからこそ他学科の学生たちとも交流を深められ、いろいろな角度から知識を取り入れて自分に合った勉強ができ、常葉大学を選んで大正解でした。覚えることはたくさんあり大変ですが、それ以上に得られることがたくさんあるので、そんな常葉大学で一緒に学びましょう。

卒業生からのメッセージ

夏目 章弘さん(神奈川県立鶴嶺高等学校出身)

就職先:スズヤ鍼灸治療院

鍼治療からトレーニングまで伴走できることが強み

学生時代は、サッカー部で選手としてプレーし、選手としての経験が今の仕事に活きているように感じます。在学中は、スポーツやトレーナーの関連科目も履修しました。「現場経験」を重視し、スポーツ選手のケアなど、多くの時間を実習に充てました。
スポーツ現場のトレーナーで、鍼灸師資格を持つ人は多くいます。治療、トレーニング、リハビリとやれることの幅が広がり、ニーズもあります。スポーツ関係の仕事をめざす人にはおすすめです。
現在は治療院に勤務するかたわら、国体の静岡県陸上チームのトレーナースタッフとして、オリンピック出場経験のある選手をサポートするなどの活動をしています。今後も、より大きな大会で、選手が最大限のパフォーマンスを発揮できるようにサポートしたいと思っています。

増田 沙耶さん(静岡県立掛川東高等学校出身)

就職先:まぶち鍼灸接骨院

治療の引き出しを多く持つこと

在学中にお世話になった先生のところで、小児疾患を対象とした小児鍼や美容を目的とした美容鍼を任されています。治療をすることで症状が減り患者さまに喜んでいただいた時、鍼灸師になってよかったと感じます。また、鍼灸師としてその方の人生に関わることができる喜びを日々実感しています。自分の知識や技術が上がれば、さらに難しい課題にぶつかりますが、それを乗り越え成長していきたいです。

中島 美幸さん(藤枝順心高等学校〔静岡県〕出身)

就職先:セイリン株式会社

さまざまな将来像に出会いました

この学科は鍼灸の手技や知識を活かし幅広い分野への就職が可能です。大学では、鍼灸学や東洋医学などの基礎医学を学び、人体の構造・機能を理解しながら鍼を使った多くの実習を行いました。また、臨床実習では手技だけでなく相手に対する気遣いの大切さを学びました。授業や実習を通じて、私はもっと多くの方に鍼灸の魅力を知ってもらいたいと思いました。世界中に鍼を広めているこの会社で、今後は営業として、鍼を知らない、鍼を打ったことのない人に鍼の魅力を伝え、地域の方々の健康をサポートしていきたいです。