グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院


Pick up ゼミ活動

沢崎健太ゼミ

沢崎健太准教授が指導する研究室「Sports Microcone Care Laboratory」。
微細突起によるツボへの刺激で治療を行う「刺さない鍼」のケアに興味を持った学生が、刺さない鍼をケアツールとして用いながら、スポーツ分野での活動・研究を行っています。

刺さない鍼とは、静岡県富士市に医療機器メーカー「東洋レヂン株式会社」が開発した、新しい皮膚刺激ツール(商品名:SOMANIKS)のことです。

スポーツイベントへの参加

東京マラソン、しまだ大井川マラソン、日本平桜マラソンなど、学外の一般スポーツイベントに参加し、ランナーをはじめ、スポーツ選手のケア活動を行っています。ケア活動を通して、問診やコミュニケーション能力を上げることを目的としています。

学内運動部でのサポート活動

東海地区の強豪である本学浜松キャンパスサッカー部において、選手へのケア活動を行っています。激しいトレーニングで更なる躍進を目指す中、痛みケアや日々のコンディショニングに刺さない鍼を活用しています。
痛みの改善が期待される箇所へ刺さない鍼を貼付して、治療を行います。貼ったまま練習を行うことができ、 選手の多くから、痛みが軽減され、コンディションが改善されたとの声が挙がっています。

スポーツ・健康分野への応用研究

健康プロデュース学部では、刺さない鍼のスポーツへの応用研究に取り組んでいます。
鍼灸学と運動生理学の2つの観点から捉えた健康鍼灸学科と心身マネジメント学科の共同研究で、その有効性を検証するための実験を行い、データを測定します。刺さない鍼がランニングなど運動後の自律神経のバランスをいち早く整え、運動による疲労回復を促進する可能性を実証、発表しています。