グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 保健医療学部  > 理学療法学科  > 在学生・卒業生の声

在学生・卒業生の声

在学生からのメッセージ

小泉 聡一郎さん(静岡県立袋井高等学校出身)

大学では人の身体の構造、生理機能などの医学的基礎から物理療法、運動療法などの専門知識を学んでいます。学んだ知識や技術を学会に出て、見たり聞いたりしたときに理解ができると、学んだことが身についていることが実感でき、うれしい瞬間でもあります。
保健医療学部では、理学療法学科と作業療法学科がともに学んでおり、将来現場に出たときの連携協力についての理解を深めることができたり、近隣の常葉リハビリテーション病院で臨床実習に取り組めたりと、たくさんの魅力があります。
こんな保健医療学部で学び、治療やリハビリだけでなく、患者さんに元気を与えらえるような理学療法士になりたいです。

中野 襟之さん(浜松市立高等学校出身)

これまで受けた授業では理学療法士の基本になる「解剖学」が一番心に残っています。医学の基礎を学んだことで夢に一歩近づいたようでうれしかったです。また、どの講義を通じても医療現場で働く者としての心構えを学ぶことができ、医療人としての意識が高まります。
将来は、患者さま一人一人に合わせた最適な理学療法を行うのはもちろん、患者さまが常に楽しく社会復帰に向けて前向きな気持ちを持ってリハビリテーションに取り組めるように、心身ともに患者さまのことを支え、信頼される理学療法士を目指したいです。

中原 紗也加さん(静岡県立藤枝西高等学校出身)

解剖学や生理学、運動学など、動作分析や患者さんを診察する際の基礎を学ぶ授業のほか、人間関係学といった、対人コミュニケーション力を養う授業も充実していて、理学療法士になったときに役立つさまざまは知識や技術が得られます。
患者さんのこころの負担も理解できる理学療法士を目指し、現在はさまざまなボランティアに参加しています。子どもからお年寄りまで、幅広い世代の方々と関わることでコミュニケーションの大切さを学び、将来に活かしたいと思っています。

卒業生からのメッセージ

荻須 孝広さん(静岡県立焼津中央高等学校出身)

常葉リハビリテーション病院 (理学療法士)

やればやるほど面白みとやりがいを感じる職種です。

現在、回復期の病院で、主に運動器疾患と脳血管疾患の患者様を治療しています。今年で4年目になりますが、年々患者様のことが見えてきて、仕事の奥深さも感じられ、毎日が楽しみです。在学中は学ばなくてはいけない勉強量の多さに驚きました。覚えることは本当に多かったです。進級するごとに臨床実習など専門的な授業が増え、理学療法士に近づいていく実感が増してくるはずです。この仕事は、人のために働ける仕事です。また、真摯に取り組むことで、自分自身が大きく成長できることも、この仕事のやりがいだと思います。

則次 祐美さん(静岡県立沼津城北高等学校出身)

社会福祉法人 聖隷福祉事業団 聖隷浜松病院(理学療法士)

機能回復のさまざまな分野で経験を積みたい

この職場を選んだのは、さまざまな疾患を経験できる総合病院だからです。リハビリテーション部には理学療法士のほか、作業療法士や言語聴覚士、臨床心理士、歯科衛生士が所属しており、理学療法士は整形班、中枢班、内部班に分かれています。私は現在整形班で主に外来を担当し、靱帯損傷、骨折などスポーツ障害や外傷の患者さんにリハビリを実施しています。やりがいは何といっても患者さんが喜んだり笑顔になること。今後、いろいろな視点から理学療法を経験して、自分の考え方や視野を広げていきたいと思います。

内野 恵利子さん(浜松市立高等学校出身)

JA静岡厚生連 遠州病院(理学療法士)

同じ疾患でも、一人ひとり状態は違うから

この病院は、急性期から回復期、在宅医療までの一貫した医療を行うことを特色とした病院で、私は回復期病棟に勤務しています。この病院を志望したのは臨床実習に来たとき、スタッフの方々の向上心の高さと患者さまへの接し方などに魅力を感じたからです。今、現場に立ち、患者さまと一対一で関わり、悩みや問題を一緒に考え、できなかったことができるようになったときに一緒に喜び合えることに、やりがいを感じています。患者さまの障害像を把握し信頼される理学療法士になりたいです。

加藤 隆育さん(静岡県立袋井高等学校出身)

和田整形外科・外科医院(理学療法士)

患者さんの生活の一部を支えるために

勤務先は通院、通所、訪問リハビリテーションを行う病院です。私がこの病院を志望したのは予約制・担当制であること。自分が担当する患者さんの経過をたどり、症状に対する原因追究を細かく行えるからでした。今の課題は、担当した患者さんを責任をもって治療していく知識と技術をより向上させていくこと。『肩が上がらない』『腰が痛い』といった患者さんの訴えに対してリハビリを行い、改善できた時の充実感を励みに、患者さんとじっくりと向き合い、信頼される理学療法士を目指します。