グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 保健医療学部  > 作業療法学科  > 在学生・卒業生の声

在学生・卒業生の声

在学生からのメッセージ

石田 勝利さん(静岡県立浜松湖南高等学校出身)

実習で、作業療法士として活躍している先輩方から直接指導を受けることができる点や、臨床現場で何十年も働いてこられたスペシャリストの先生から指導が受けられるのは、この学科の魅力です。患者様に対する話しかけ方、検査・測定の仕方等を詳しく学ぶことができます。
先生方は皆さん、私たち学生想いで、困ったときはいつでも助けてくださいます。また毎回熱く心のこもった授業により、学習意欲がかきたてられます。

落合 里帆さん(静岡県立藤枝東高等学校出身)

中学校の授業の一環で職場体験があり、作業療法士の仕事を体験したことが、この学科に進むきっかけになりました。
大学では解剖学をはじめとして、非常に覚える量が多く、大変な科目もたくさんありますが、逆にやりがいも大きく感じています。
将来は病院だけでなく老人ホームで働くことも視野に入れ、さまざまな年代の方と医療人として接することができるよう学んでいます。

中野 恭真さん(静岡県立焼津中央高等学校)

医療分野の専門的な学びに取り組むことで、高校の学びとの違いを感じました。作業療法士の仕事内容や歴史、人体の仕組みなど、全ての授業が必要な知識になります。とくに作業療法評価学の授業では、実際に病院でする検査などを詳しく学ぶことができ、印象に残っています。
作業療法士の資格取得という同じ目標を持った仲間と切磋琢磨し、充実した毎日を過ごしています。

西川 祐世さん(愛知県立豊橋南高等学校出身)

作業療法概論の授業で学んだ「作業療法は患者さまの生き方を変える仕事でもある」という言葉が印象的でした。作業療法士を目指すにあたり、ただリハビリをして身体の機能回復・維持をするだけではなく、その人のこれからの生活や思いなどの内面的な側面までくみ取れるように成長していきたいです。

卒業生からのメッセージ

馬場 博規さん(静岡県立浜松南高等学校出身)

就職先:磐田市立総合病院(作業療法士)

発症直後や術後翌日からの「超急性期のリハビリテーション」を担当しています。総合病院のため、脳血管障害はもちろん、骨折・脊髄損傷・内部障害・呼吸器・小児・癌リハまで幅広い分野にわたるのが特長です。一番の喜びは、日常生活動作などの訓練を通じて「できること」が広がった時の患者さんの笑顔。それが、作業療法士のやりがいにつながっています。

杉山 千香子さん(静岡県立浜北西高等学校出身)

就職先:浜松市リハビリテーション病院(作業療法士)

その人に合ったリハビリを心がけています

入院当初、生活動作が低下して介護を必要としていた方が、日頃の関わりを通じ、徐々に生活動作ができるようになってきたとき、作業療法士としての喜びを感じます。当院では、患者さんの在宅復帰を目指したリハビリテーションを他職種との連携の中で展開しています。現場では理学療法士との連携も多く、在学中に理学療法学科の学生とともに学び、交流したことが互いの専門性の理解に役立っています。一人でも多くの方が、安全な在宅生活に戻れるよう、退院後の生活を常に見据えた作業療法を提供していきたいです。

鈴木 いくみさん(浜松学芸高等学校[静岡県]出身)

就職先:中東遠総合医療センター(作業療法士)

地域医療の立場から患者さまの生活支援を考える

さまざまな病気を持つ患者さまが入院する総合病院で、発症直後の骨折などの整形疾患、脳梗塞などの脳血管疾患や、寝たきりになって筋力が低下した患者さまが、少しでも望んでいる生活に近づけるように支援を行っています。できるようになったことを喜んでくださり、「おかげでできたよ。ありがとう」。そんな言葉に私も励まされ、日々頑張っています。

鈴木 桂太さん(静岡県立藤枝東高等学校出身)

就職先:独立行政法人 国立病院機構 名古屋医療センター(作業療法士)

急性期医療におけるチーム医療の一員として

急性期医療を担う拠点病院の脳外科病棟に所属し、医師の指示のもと、入院直後から離床や関節可動域訓練、日常生活の活動訓練・高次脳機能訓練などを行っています。また、日本DMAT(災害派遣医療チーム)のメンバーとしても活動しています。チーム医療が実践できる環境下で、回復される患者さまをそばで診ていける喜びを感じながら、作業療法士として、急性期に何ができるかという課題についても検討しています。今後も社会人・医療人としての立場を考え、責任を果たしていきたいと考えています。