グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 保健医療学部  > 教育方針

教育方針

充実した教育・研究環境が、確かな人材を育てます。

保健医療学部の目的は、知識と技術に優れ、しかも温かさと優しさのある理学療法士・作業療法士を育成し、地域社会に貢献することです。さらにリハビリテーション医療の将来を担う、指導者、教育・研究者の養成もめざしています。特筆すべき点は、常葉リハビリテーション病院と共同して臨床教育に取り組んでいることと、同じキャンパスの健康プロデュース学部と連携した研究を進め、スポーツ、栄養の視点からも健康の回復・維持を追求していることです。
ぜひ本学部で、理学療法・作業療法の専門知識と技能を学び、地域のリハビリーション医療の中核を担える人材へと成長してください。

保健医療学部長
杉江 秀夫


アドミッションポリシー

保健医療学部は、医療技術への強い探求心と人間への広い関心を持っており、医療を通して地域と社会に貢献したいと思う学生を求めます。
理学療法学科理学療法学科では、具体的に次のような学生を求めます。
  • 理学療法学を学ぶ意欲があり、理学療法士をめざす意思のある者
  • 人間の生活とその障害に対する関心を幅広く持っている者
  • 理学療法の専門家として、身体に障害を持つ人の機能を回復させること、そして生活を支援し拡大・充実させることを志す者
作業療法学科作業療法学科では、具体的に次のような学生を求めます。
  • 作業療法学を学ぶ意欲があり、作業療法士をめざす意思のある者
  • 人間の生活とその障害に対する関心を幅広く持っている者
  • 作業療法の専門家として、心身に障害を持つ人の機能を回復させること、そして生活を支援し拡大・充実させることを志す者

カリキュラム・ポリシー

専門科目は、医学全般の基礎となる専門基礎科目とリハビリテーションに特化した専門教育科目を配置する。専門教育科目を理解できるように専門基礎科目を、学年進行につれ順に体系的段階を経ながら配置する。また、病院・施設・地域(訪問)の場で活躍できるようにするために、演習・実習科目を適切に配置する。
理学療法学科専門科目は、医学全般の基礎となる専門基礎科目と、運動器系障害、神経系障害、内部障害の3分野に特化した理学療法の専門教育科目を配置する。専門教育科目を理解できるように専門基礎科目を学年進行につれ順に、体系的段階を経ながら配置する。また、専門教育科目の中において、理学療法の基礎概念や理学療法の評価学、理学療法の治療学、地域理学療法学、理学療法研究法などを、学年進行につれ順に体系的段階を経ながら配置する。また、病院・施設・地域の場で活躍できるようにするために、臨床見学実習、臨床体験実習、臨床実習Ⅰ~Ⅳを学年に適切に配置する。
作業療法学科専門科目は、医学全般の基礎となる専門基礎科目と、身体障害、精神障害、発達障害、高齢期障害の4分野に特化した作業療法の専門教育科目を配置する。専門教育科目を理解できるように専門基礎科目を学年進行につれ順に、体系的段階を経ながら配置する。また、専門教育科目の中において、作業療法の基礎概念や作業療法の評価学、作業療法の治療学、地域作業療法学、作業療法研究法などを、学年進行につれ順に体系的段階を経ながら配置する。また、病院・施設・地域の場で活躍できるようにするために、臨床見学実習、臨床評価技術実習、臨床評価実習、臨床実習を学年に適切に配置する。

ディプロマ・ポリシー

知識・理解
  
社会人として必要な一般教養と医療専門職として必要な基礎的な医学的知識を身につけている。そのうえで、リハビリテーションの概念を理解し、これに参画するために必要な専門知識を活用できる。
思考・判断
   
疾病や障害を多面的に捉えることで、対象者の置かれている状況を総合的に判断できる。そのうえで、リハビリテーションチームの一員としての自らの役割や関わり方を見出すことができる。
関心・意欲
  
  
医療の担い手としての高い倫理観と、様々な人生観、価値観を尊重できる豊かな人間性を身につけている。そして、リハビリテーションを通して、地域、社会に貢献すべく、人々の健康を支援するための責任ある行動を取ることができる。
態度
  
医学の進歩や社会情勢の変化を見据えたうえで、体系的・客観的思考をもって自らの専門性を高め、リハビリテーションの発展に寄与することができる。
技能・表現
  
リハビリテーションチームを構成する他職種と円滑なコミュニケーションを図ることができる。また、チームの中で自らの役割を果たすために必要とされる専門的な技術を活用できる。

理学療法学科知識・理解
人体の構造と機能を理解し、臨床医学に関する基礎的な知識を身につけている。また、保健医療福祉の仕組みを理解したうえで、リハビリテーションにおける理学療法士の役割及び理学療法を遂行するために必要な評価と治療の手段を理解し応用できる。
思考・判断
具体的な疾病や障害に対する適切な理学療法評価法を選択できる。また、それらの評価結果を総合的に解釈したうえで、対象者の問題点を抽出できる。さらに、それらの問題点を解決するための理学療法プログラムを提案できる。
関心・意欲
医療の担い手としての高い倫理観と、様々な人生観、価値観を尊重できる豊かな人間性を身につけている。そして、理学療法を通して、地域、社会に貢献すべく、人々の健康を支援するための責任ある行動を取ることができる。
態度
医学の進歩や社会情勢の変化を見据えたうえで、体系的・客観的思考をもって自ら専門性を高め、理学療法の発展に寄与することができる。
技能・表現
学生を対象に、代表的な理学療法評価法を正確に実施できるとともに、基本的な理学療法治療法を模倣できる。演習を通して身につけた技術を、臨床実習の場で具体的な疾患や障害を持つ人に応用できる。

作業療法学科知識・理解
人体の構造と機能を理解し、臨床医学に関する基礎的な知識を身につけている。また、保健医療福祉の仕組みを理解したうえで、リハビリテーションにおける作業療法士の役割及び作業療法を遂行するために必要な評価と治療の手段を理解して応用できる。
思考・判断
具体的な疾病や障害に対する適切な作業療法評価法を選択できる。また、それらの評価結果を総合的に解釈したうえで、対象者の問題点を抽出できる。さらに、それらの問題点を解決するための作業療法プログラムを提案できる。
関心・意欲
医療の担い手としての高い倫理観と、様々な人生観、価値観を尊重できる豊かな人間性を身につけている。そして、作業療法を通して、地域、社会に貢献すべく、人々の健康を支援するための責任ある行動を取ることができる。
態度
医学の進歩や社会情勢の変化を見据えたうえで、体系的・客観的思考をもって自ら専門性を高め、作業療法の発展に寄与することができる。
技能・表現
学生を対象に、代表的な作業療法評価法を正確に実施できるとともに、基本的な作業療法治療法を模倣できる。演習を通して身につけた技術を、臨床実習の場で具体的な疾患や障害を持つ人に応用できる。