グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 教育学部  > 心理教育学科  > 専攻について

専攻について

心理学を幅広く学ぶ2つの専攻

個人の心の問題から社会とのかかわりまで、幅広い心理学の領域を学ぶことができるのが、本学科の特色です。


教育カウンセリング専攻

子どもたちの「こころのケア」を目的として、幅広い心理学の知識を基礎に臨床心理学、とくに学校臨床心理学の専門領域を学びます。同時に実験、実習、観察を通して、こころを理解する応用力、対人援助の実践力を育成します。

心理発達専攻

より広い「発達支援」を目的として、幅広い心理学の知識を基礎に発達心理学、発達臨床心理学の専門領域を学んでいきます。同時に、実習、実践、観察を通して、発達理解の応用力、対人援助、発達支援の実践力を育成します。

活躍のフィールド

※業務内容によっては「臨床心理士」の資格を必要とするものがあります。
 「臨床心理士」の資格は、大学卒業後、大学院へ進学し取得することとなります。

教育分野はもちろん、医療、福祉、司法などさまざまな分野で、心理の専門職が求められています。さらに、臨床心理系大学院に進学することで、進路の幅が広がります。

考えられる進路・職種
スクールカウンセラー / 児童相談所 / 病院 / 社会福祉施設
家庭裁判所 など

良好な人間関係の構築、社内のストレスケア、人事戦略、接客サービスなど、さまざまな職種への応用が利きます。心理学を学ぶことは、社会人としての大きな強みになります。

考えられる進路・職種
営業 /人事 / 接客サービス / 総務 / 経営 など

いじめ・不登校・学習障害など、子どもたちはさまざまな問題を抱えています。このようななか、いま教育現場では、心理の専門知識をもった教員が求められています。

考えられる進路・職種
小学校教諭 / 中学校 / 高等学校教諭
特別支援学校教諭 など