グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 教育学部  > 心理教育学科  > カリキュラム・授業内容

カリキュラム・授業内容

あらゆる分野で生かせる心理学の学び


学びのステップ

1年次
幅広い領域の心理学を基礎から学ぶ

本格的な心理学への導入として、「心理学基礎実験」、「心理学研究法」などを通じて、各領域の心理学を幅広く学び、基礎的な知識を修得します。
2年次
参加・体験型カリキュラムで基本スキルを磨く

こころの専門家が働く場を訪問する「観察実習」、データ解析について学ぶ「心理教育データ解析入門」などを通じて、臨床心理の場に欠かせない基本的なスキルを身につけます。
3年次
実験・実習を通じてそれぞれの専門性を高める

「心理学実験・実習」などを通じて、高い専門知識を修得し、こころの現場で求められる実践力と応用力を身につけます。論文講読など、卒業研究に必要な力を修得します。
4年次
学習の総仕上げとして卒業研究に挑戦

自らの問題意識に基づいて、研究テーマを設定し、卒業研究を完成させます。卒業後は、教育や福祉の現場、また一般企業で心理学の知識や技法を生かしていきます。

心理教育学科カリキュラム

心理教育学科カリキュラム(履修モデル例)(PDFダウンロード)


ボランティア活動への取り組み

心理教育学科での学びを活かして、様々なボランティア活動に取り組んでいます。

ピアカウンセリング

ピアカウンセリングは、ピア(仲間)の意識をもったカウンセリングのことです。本学科の学生はボランティアとして、若者の視点から、思春期の性の問題などを中心に、悩みを抱える子どもたちの相談に乗っています。

BBS ~ Big Brothers and Sisters Movement ~
BBSは、更生保護ボランティア団体です。非行に走ってしまった少年少女と一緒に遊んだり、相談相手になったりしながら、兄や姉のような存在として彼らの成長を見守る活動をしています。