グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 教育学部  > 生涯学習学科  > 在学生・卒業生の声

在学生・卒業生の声

在学生からのメッセージ

長谷川千晶さん(静岡県立三島北高等学校出身)

授業や部活動を通して、
多くの事を伝えられる教員になることが目標です

将来は保健体育の授業や部活動を通して多くの事を伝えられる、中学校教員になることが目標です。生涯スポーツ専攻で行っているボランティア活動の「保健体育授業アシスタント」にも積極的に参加しています。実際に中学生と接することにより、接し方や言葉遣いを学ぶ良い機会となり、授業を構成することの大変さも実感することができました。

渡邊智哉さん(静岡県立伊豆中央高等学校出身)

職業に対する視野が広がり、
教員という職業の魅力を改めて実感しています

保健体育の教員になりたいと思い、生涯スポーツ専攻に入学しました。スポーツに関することや生涯学習に関することなど様々なことを学んでいます。「社会教育実習Ⅰ」では、小・中学生のリーダーとしてキャンプを行います。子どもたちと過ごすことで普段の授業では体験できない経験をし、私自身の成長も感じることができました。

岩崎 菜摘さん(静岡県立清水東高等学校出身)

人を大切にし地域に恩返しができる人間に

学生の挑戦を応援してくれる仕組みがあり、専門分野以外の知識や経験を得ることができる専攻です。
県内企業にOB・OGが多く、ネットワークが整備され、地域の就職に強い点も魅力です。
授業で学んだことは課外でも役立っています。

江川 弦希さん(静岡県立磐田南高等学校出身)

知識や技術を伝えながら指導力を磨く

生涯にわたってスポーツを行う意義や指導者としての心構えを学んでいます。
地域の水泳教室に講師として参加するボランティアでは、知識や技術を相手に伝える難しさとやりがいを知り、心に響く指導方法を考えるようになりました。

竹森 秀さん(静岡県立袋井高等学校出身)

小さな気づきや発見も生涯学習の一部

社会教育主事や図書館の司書になるための知識を身につけています。
1年次の社会教育実習では、集団生活の現場に入り、人との関わり方や協力することの意義を学びました。日々の気づきや発見が学びの楽しさにつながっています。

加唐 佑葉さん(静岡県立韮山高等学校出身)

一生涯、スポーツに関わる仕事に

子どもたちにスポーツの楽しさを教えたいと、この学科を選びました。
2年次の野外活動実習は山道を歩いてキャンプをする大変な実習でしたが、災害時にも役立ち、子どもたちを守る知恵と技術が身につきました。

卒業生からのメッセージ

大﨑 健太さん(常葉学園菊川高等学校〔静岡県〕出身)

就職先:静岡県立朝霧野外活動センター

キャンプに興味を持ち続けたことが、
この仕事につながっています。

大学1年の時、当センターの「野外教育指導者養成講習会」に参加。それから4年間ずっと、キャンプのお手伝いをしていました。将来も野外教育に関わりたいと考えていたところ、センターから誘いがあり、職員として働けることに。大学時代、興味をもったことを追求してみるのも大切だと感じています。

伴野 夏希さん(常葉学園橘高等学校〔静岡県〕出身)

就職先:しずおか信用金庫

人と人とのつながりを大切にしながら、
地元静岡で、地域に貢献したい。

私は在学中、学祭実行委員を務めたり、社会教育実習の行事に積極的に参加していました。行事を通じて、一つの目標に向かって仲間と力を合わせることの大切さ、コミュニケーションの大切さを学びました。そこで学んだことは就職活動だけでなく、社会に出た今も役立っています。

石脇 秀之さん(静岡県立静岡商業高等学校出身)

就職先:静岡県信用農業協同組合連合会

地元静岡で人のためになる仕事をしたい。

「地元静岡で人のためになる仕事をしたい」と考え、就職活動を進める中で、いまの職場の温かな組織風土や地域に密着した業務内容が、思い描いていた企業のあり方と重なり、志望しました。大学時代、仲間と過ごした時間や出会った人々はかけがえない財産であり、社会人として働く私の根底を支えています。自分から動いて、本当にやりたいことを見つけてください。

井上 陸人(静岡県立富士宮西高等学校出身)

就職先:静岡市職員
静岡市市民局 生涯学習推進課 勤務


生涯学習の推進を通じて魅力あるまちづくりを

生涯学習推進課では、誰もが気軽に学び合える環境づくりや、学びを活かすための支援、生涯学習を支える基盤づくりなどを行っています。その中で私は、講座・講演会の企画運営、市内の生涯学習センター及び交流館における事業の指導などに携わっています。私たちが企画運営した講座などを受講した方々から、「大変勉強になった」「参加してよかった」などの感想をいただくと、市民のみなさんのために働くことができる喜びとやりがいを感じます。在学時に身につけた、相手の話を理解したり、自分の考えを相手に伝えるために積極的にコミュニケーションをとる姿勢は、現在仕事をしていく上でも大いに役立っています。今後も市民のみなさんのために本当に必要なことは何かを自ら考え、行動する意識を持ち、仕事に取り組みたいと思います。