グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 保育学部  > 4年間の学び・カリキュラム

4年間の学び・カリキュラム

保育者養成機関として、 子育ての現場が求める保育者へ導きます

保育学部が掲げる3つの理念『人間性を育む』『環境教育』『健康教育』。
新しい保育学の構築を目指した学びは高い知識や教養と実践力を養い、確実な就職実績を誇ります。


学びのステップ

1年次
保育学の基礎を学ぶ
幅広い知識と教養を身につけるともに、社会福祉、保育原理、発達心理学などの保育学の基礎を学びます。また、夏期の体験実習を経験します。
2年次
興味と進路にあわせて
コースを選ぶ
3つのコースのなかから、自分の興味や進路にあわせて、コースを選びます。また、観察自主実習、保育実習Ⅰなど実習プログラムも2年次から始まります。
3年次
保育実習や
幼稚園実習を通して
実践力を身につける
コースごとに専門的な知識と技術を養うとともに、保育実習、幼稚園実習を通じて、保育士・幼稚園教諭として欠かせない実務能力を身につけていきます。
4年次
専門分野の実習、
卒業研究に取り組む
保育所、幼稚園、児童養護施設などでの実習を行います。また4年間の集大成として、卒業研究・卒業論文に取り組みます。

保育学科カリキュラム(履修モデル例)PDF


実習・ボランティア・研修

机上の勉強や本の中の知識だけでは保育者としての力は身につきません。
子どもたちとふれあい、学びを実践する中で課題が明らかになり、それが保育者としての成長につながります。
本学部は学生にさまざまな実践、体験の機会を提供し、これからの保育者が求められる資質を養います。

フレッシュマンセミナー

入学後の緊張を和らげ大学生活の不安を軽減するための1泊2日のセミナーです。学生同士、また教員との親睦を深める中で将来のキャリアについて考え、大学4年間のプランを築く機会にもなっています。