グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 保育学部  > 教育方針

教育方針

幼児教育から保育者の資質、他者への包容力など、人格面の成長までを学ぶ。

保育士・幼稚園教諭を目指すみなさん、四年制の保育者養成機関として、高い知識や教養と技術、また、保育の専門的知識や実践力について学びます。「人間性を育む教育」「障がい児教育・環境教育」「健康教育」「感性教育」の4つの理念のもと、総合的により深く学ぶことにより公平な判断力と高い人間性を養います。1年次からのゼミでは、共同生活を通じてコミュニケーション能力と保育者としての心構えを養い、社会の求める保育者としての新たなニーズに対応できる人材の育成を目指します。

保育学部長
古橋 和夫


アドミッション・ポリシー

保育学部は、子どもの心を理解し、創造的で感性豊かな保育者の育成を目指していきます。意欲や将来展望などの学びの姿勢、幼児教育、保育職への志望の強さ、情緒面における安定性、保育者の資質としての他者への包容力など、人格面の育成を目指す保育者としての実践力を培いたいという意欲の高い学生を求めます。
保育学科保育学科では、具体的に次のような学生を求めます。
  • 子どもが大好きで、子どものより良き理解者になれる者
  • 困難を抱える、幼児期の子どものために尽くしたい者
  • 子ども達に豊かな感性と夢を与えたい者
  • 子ども達と共に、自然の中で、歌い・踊り・語り・製作し、身体ごと全身で活動したい者
  • 保育の専門的知識・技術の習得に対して積極的で意欲のある者

カリキュラム・ポリシー

今日の保育課題・地域のニーズに適切に対応することができ、共同体感覚に優れた社会性のある保育者の育成を目指す。専門教育として3つの履修モデルを提示する。
「保育心理学履修モデル」では、子どもを客観的に捉え分析できる能力と広い視野を身につけた保育者を目指し、保育学・心理学関係科目を配置する。
「子育て・療育支援履修モデル」では、発達障害を取り巻く環境や体力低下や食生活を中心とした基本的生活習慣の課題についての課題を研究し、解決策を提案できる保育者を目指し、特別支援教育・健康教育・食育関係科目を配置する。
「感性教育履修モデル」では、音楽や造形表現を柱とし、子どもの成長に寄り添う豊かな感性・表現力と実践力を持つ保育者を目指し、音楽や造形関係科目を配置する。

ディプロマ・ポリシー

知識・理解保育の基礎的な知識を土台に、実践を通して、専門性の理解を深めることができる。
思考・判断保育課題について自ら考え、解決方法を提案することができる。
関心・意欲保育課題に関心を持ち続け、解決に向けて取り組む意欲を維持することができる。
態度保育課題に対し、他者との協働を重んじて貢献することができる。
技能・表現子どもの感性や創造力を引き出す表現力と技能を活用することができる。