グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 造形学部  > 学部の特長

学部の特長

アートやデザインの 専門分野の4コース

アーティスト・クリエイター・デザイナーなど、さまざまな分野のプロフェッショナルに求められる技能を身につけるとともに、多彩な表現力を磨いていく4つのコース。
アート表現コース「絵画」「平面メディア」「立体メディア」の3領域を横断しながら、アート表現を基礎から学び、独自の世界観を築きます。
ビジュアルデザインコース視覚に訴える情報伝達を学び、広告、編集、企画の世界などで活躍するデザイナーやプランナーを育成します。
デジタル表現デザインコースコンピュータなどのデジタル機器を利用し、イラストレーション、DTP、WEBなどの幅広い表現手法を身につけます。
環境デザインコースプロダクト(製品)デザイン、インテリアデザイン、建築デザインの基礎を学び理論と実践により人・モノ・空間に関わるプロを育成します。

基礎から実践まで 表現力を磨いていく

1年次の「基礎課程」では、ドローイング、彫刻、色彩、製図、デザイン、コンピュータなど、表現のベースとなるスキルを身につけます。その後、それぞれのコースで、専門的なスキルを磨きます。3年次の「専門実習」では、就職活動の一環として「企業」「デザイン事務所」「建築事務所」での実習や、「美術館」や「作家」の元で研修を行い、実務能力を身につけていきます。

中学・高校の美術教員等の教員養成

「教育の常葉」の伝統を受け継ぎ、中学・高校の美術教員を多数輩出してきたのも、本学部の特色の一つです。指定された科目の単位を履修することで、「中学校教諭一種免許状(美術)」、「高等学校教諭一種免許状(美術・工芸)」が取得できます。また、「学芸員」の資格取得のために「常葉美術館」での博物館実習などの関連科目も設けられています。