グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



学部・大学院

ホーム  > 学部・大学院  > 造形学部  > コース紹介  > デジタル表現デザインコース

デジタル表現デザインコース


コースのポイント

デジタルを駆使した
クリエイティブ力を養う
コンピュータなどのデジタル機器による情報処理技術を学び、それをオリジナリティのあるクリエイティブに生かすための表現技法を磨いていきます。
キャリアにつながる
専門技術を磨く
イラストレーション、DTP、WEB、マンガなどについてのデジタル表現の専門技能を磨き、広告制作、編集、出版などの分野で活躍できる実践的な能力を身につけます。
コンペティションへの
参加をサポート
展覧会やコンペティションへの、学生の出品を積極的にサポート。作品の社会的評価を、クリエイターとしての実績と自信につなげていきます。

イラストレーションやグラフィックデザインに
つながる専門技能の習得


デジタル表現の専門技能を磨き、広告制作、編集、出版などの分野で活躍できる実践的な能力を身につけることができます。

地域貢献や国際貢献に積極的な取り組み

日本のイラストレーションは、東南アジアをはじめ海外では人気を集めています。本学での国際交流ワークショップなど積極的に参加できます。

カリキュラム

デジタル表現デザインコース カリキュラムのダウンロード


TOPICS

バンコク・シラパコーン大学 創立 周年記念国際交流展に出品

バンコク・シラパコーン大学からの招待を受け、創立60周年記念国際交流展へ教員が10点、学生が16点の作品を出品しました。また、教員7名が展覧会やイベントに参加するために、バンコクに渡航しました。地域連携活動を報告する場も設けられ、多くの来場者の関心を集めました。

第102回 二科展(六本木国立新美術館)

毎年、デジタル表現デザインコースの学生は、希望により二科展に作品を出品しています。プロ、アマ、年齢を問わない一般公募であるため、学生にとって入選することは、大きな自信につながります。
第102回デザイン部の一般公募搬入点数は1,000点以上、入選作品333点。

学生制作 作品