グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



造形準備室ブログ

ホーム  > 造形準備室ブログ  > ちょっとしたお話し

ちょっとしたお話し

ちょっとしたお話し

造形準備室の声



 こんにちは!!

 昨日は、が降っているせいでバスは満員。車は渋滞。と通勤・通学が大変で、しかも寒かったですよね〜。春来た−!!て思ってたのに、冬みたいな寒さで準備室はストーブをつけちゃいました。
今朝は、太陽が出ていて今日は洗濯日和になりそうだな〜なんて思ってたんだけど…お昼頃からなんだか怪しい空になっちゃいました。降らないでほしいな〜

 最近読んでいる本があります。『死ぬまでに読んでおきたい世界の絵画1001』という古代エジプトから2000年にかけての作品が紹介されてる本です。学生時代、西洋美術史で習った作品が沢山出て来てきていたり、一年生で海外研修で行ったルーブル美術館の作品が沢山ありました。学生時代、あまり興味がわかなかった作品が今になって凄く惹かれてみたり、こういう本を読んでからルーブル美術館に行けばもっと違う見方ができたのかな〜なんて思いながら読んでます。
この本は、その時代の情景だけでなく絵画に隠れてる作者の想いが説明されていて、なかなかおもしろいですよ。この本は、常葉大学の図書館にあります。ぜひ、一度読んでみてくださいね☆

 準備室の向かいには、彫刻室があって、その隣には陶芸室があるんですが…明かりがずーっとついてます。陶芸部のこかな?器を作っているようですよ。熱心ですね私も隠れ陶芸部員でしたww皆さん陶芸やったことありますか?なかなかないですよね?ある人でもどこか旅行先で思い出に〜と言う方のが多いのでは?
陶芸凄く楽しいですよ!今日は、顧問の先生にお願いをして仕事終わりにやらせてもらいます☆1年ぶりだ〜感覚を覚えているか不安ですが凄い楽しみ。造形では、自分の分野でなくても…彫金、版画、陶芸、織など工芸の授業で学べるので、一生の趣味に出会えるかもしれませんね。
造形に入学したらぜひ、工芸授業を履修してみて下さい