グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



造形準備室ブログ

ホーム  > 造形準備室ブログ  > ありがとうございました!

ありがとうございました!


造形準備室で働かせて頂き、この造形準備室ブログを書いてきましたが、今回の記事が最後となります。
ブログを読んで下さっている皆様、また新しい方が更新をしてくれると思いますのでしばらくお待ちください。

在学生や今までの卒業生、受験を考えている高校生の皆さんなど、常葉大学造形学部に興味のある方へ向けて様々な様子や情報を伝えたいと思い、ブログを書いていました。

造形学部には、心からアーティストになりたい、デザイナーになりたい、建築士になりたい、美術の先生になりたいなどの真っすぐな目標を持っている人もいれば、
絵を描くのが好きだから、工作が得意だったから、この道で何かを見つけられたらという気持ちの人、
それよりもっと漠然と不安を持ちながらも学んでいる人、不安さえも持っていない人、
いろんな学生さんがいると思います。

私も造形学部の卒業生なのですが、在学中に多くの先生方から学び、影響を受けたことで今の自分があります。ものをつくり、発表するということをずっと続けたいと思ったのも、ここに来て本当にやりたいことを模索し続けたからです。

なにかを決めていくとき、どんな状況であっても自信を持って決断出来るのは、それだけその時、自分が努力していたからだとあとになって感じます。
迷ってしまい動き出せない時、それは自分から自分への大きなサインなのではないでしょうか。
そんなサインがあったとき、ただ単に楽な方へ流れるのではなく、違う方向でもすっと迷わず決断して行ける自分にまたなれるよう、もがいて進んで行きたいと思います。

と、偉そうなことを書きましたが、日々このままでは駄目だーの連続です。
現在に至っては制作することが苦しく、なかなか上手いようには進みません。でも、どうにかやっていきます。やっていきたいのです。

大学で造形を学ぶというのは一体どういうことなのでしょうか。
すべて恐ろしい程、自分次第です。
卒業生として、準備室にいた者として、造形学部に入った一人でも多くの方が自分の道を見つけることを願います。
本日まで大変ありがとうございました。

加瀬 かおり