グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



造形準備室ブログ

ホーム  > 造形準備室ブログ  > 社会のために、デザインができること、

社会のために、デザインができること、

□授業様子


ビジュアルデザインコース2年生の授業にお邪魔しました。
グループごと考えたデザインをプロジェクタを用いながらプレゼンテーションをしていきました。

「東日本大震災の現実を踏まえて、静岡の私たちが知っておくべき知識を明らかにし、その知識がわかるモノやコトをビジュアル化する」という課題でした。

防災準備に足りないものを親子で楽しく認識できるカード、
被災時の個人空間を守る為のテントデザイン、
応急処置の知識を普段から繰り返し読むことで覚えられるよう、処置についてプリントされたトイレットペーパーなど各グループの思う知っておくべき知識がデザインされていました。

発表後、安武先生を始め、2年生のプレゼンを3,4年生も見にきてくれており、貴重な意見や感想を投げかけられていました。
また、一人一人に各グループのプレゼンを評価する用紙が配られており、全員から意見をもらえる仕組みで行われていました。

もっと良いデザイン、もっと良いプレゼンができるようになる為の学年を超えた良い雰囲気を感じました。