グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 「沼津市健康増進計画」の中間評価および計画書の見直しに関する研究報告会/静岡理学療法学科 栗田ゼミ2年生(佐古、小林、本間、田中、藤森、渡辺、宇佐美)、栗田泰成助教

「沼津市健康増進計画」の中間評価および計画書の見直しに関する研究報告会/静岡理学療法学科 栗田ゼミ2年生(佐古、小林、本間、田中、藤森、渡辺、宇佐美)、栗田泰成助教

3月15日(火曜日)に沼津市保健センターで、健康科学部静岡理学療法学科 栗田ゼミの2年生が研究報告会を行いました。
研究内容は、「沼津市健康増進計画」の中間評価および計画書の見直しに活用されるもので、平成22年度と平成27年度に行われた沼津市民の健康関連事項に関するアンケート調査結果についての研究報告を行いました。特に調査結果の運動関連項目と栄養関連項目を中心に分析し、そこから得られた客観的なデータより文献レビューなどの考察によって沼津市民への具体的な運動提案や事業参加率の向上、栄養関連事業の改善に関する提案までを行いました。その他、アンケート調査の方法や回収率の向上についても提案することができました。
本研究は『ふじのくに地域・大学コンソーシアム 平成26年度ゼミ学生地域貢献事業』の補助を受けて実施したものです。また、沼津市市民福祉部健康づくり課の協力を得て実施することができた研究です。ここに記して謝意を表します。