グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 「大学生に必要な税知識」講座が開かれました

「大学生に必要な税知識」講座が開かれました

11月12日(木曜日)に本学富士キャンパスにて「大学生に必要な税知識」と題した講演が開かれました。
講師には富士税務署の大木守署長を招き、経営学部の3年生約90人が参加しました。
学生のアルバイト収入が130万円を超えると所得税がかかり、親が勤務先から扶養手当などの支給を受けている場合、その返還も生じ、国民健康保険に加入する必要性があることを説明し、大学生も身近に感じられるような税金の仕組みについて触れました。
また、直接税や間接税、国税や地方税といった税の種類についての話や、それぞれの税がどのような用途で使われているのかといった税の役割についての話をされ、「豊かで安心して暮らせる未来のため、背税負担と給付の関係について、一人ひとりが考えることが大切」と大木署長は主張し、参加した学生は熱心に耳を傾けていました。