グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 掛川市との包括協定締結の調印式を行いました

掛川市との包括協定締結の調印式を行いました

本学では、地域の活性化に貢献することを目的とした地方自治体等との包括連携に関する協定の締結を進めてきております。
先月の松崎町との協定に引き続き、静岡県西部に位置する掛川市との包括協定を締結することとなりました。
11月13日(金曜日)には掛川市の松井三郎市長と本学西頭德三学長による協定書の調印式が掛川市役所にて開催されました。

経営学部による「人力車常葉組」の運営

掛川市とはこれまで、浜松キャンパスを中心に各種研修会の協働開催等、文化振興に関する連携を行ってきました。また、今年度からは、かけがわ街づくり株式会社(社長:松井市長)と協働で本学の学生グループが模擬株式会社「人力車常葉組」を設立し、掛川の活性化を図る取組みを行ってきました。

心身マネジメント学科による掛川新茶マラソンでのランナーサポート

今回協定を締結した掛川市では、『生涯学習都市』として学習を通じてひとづくり、まちづくりに取組んできた実績を持っております。今後は同市の教育委員会や体育協会等も交え、教育、健康、子育て、文化等、双方の資源を有効活用した包括的な連携を進めていきます。

また本学では、今後他の地方自治体とも順次協定を締結していく予定でおります。