グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 静岡理学療法学科でキャリアガイダンスが行われました

静岡理学療法学科でキャリアガイダンスが行われました

10月20日(火曜日)、22日(木曜日)、健康科学部静岡理学療法学科でキャリアガイダンスが行われました。

10月20日(火曜日)は3年生を対象に行われ、、講師として理学療法士の瀧和人先生(山の上病院)をお招きし、「回復期のリハビリテーション」をテーマにご講演いただきました。
医療現場での実体験に基づいた瀧先生のお話を伺い、学生からは「医療現場ではコミュニケーション能力がいかに大切かを再認識した」、「今の大学生活が一番の基盤であると感じた」等の感想が聞かれました。
これから理学療法士として社会に出る学生にとって、医療現場の責任とやりがいを感じる良い機会となりました。

また、10月22日(木曜日)には2年生を対象としたガイダンスが行われ、講師として理学療法士の紅野利幸先生(中伊豆リハビリテーションセンター)をお招きし、「キャリア教育について-臨床で求められる理学療法士像と学習に対する取り組み方-」をテーマにご講演いただきました。
日本の医療政策や医療現場での実体験に基づいた紅野先生のお話を伺い、学生からは「自分に足りないものに改めて気づかされた」、「自分の知識を豊富にするためのきっかけを発見し、社会に貢献できるPTを目指したい」等の感想が聞かれました。
2年後に理学療法士として社会に出る学生にとって、医療現場の厳しさとやりがいを感じる良い機会となりました。