グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 東京デザインウィークに立体造形作品を出展しました/造形学部

東京デザインウィークに立体造形作品を出展しました/造形学部

今年で30周年となる東京デザインウィーク2015は企業、デザイナー、学生などがデザイン、建築、アート、ファッションなどさまざまな分野で作品を発表する最先端のクリエイティブイベントです。明治神宮外苑絵画館前の広場で行われる国内最大級のイベントには海外からの参加者を含め、毎年10万人を超える来場者があります。
昨年に続き2回目の参加となる造形学部有志グループは、学校作品展部門に「◯◯ マルマル」というタイトルの作品を展示しています。塩ビパイプを使った目と耳で楽しむ造形作品は、覗き込んだり、音を出したりして、パイプを通して人と人を繋ぐインタラクティブ遊具です。
同展は10月24日(土曜日)から11月3日(火曜日・祝)(10月29日は閉場)まで開催されています。