グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 静岡接骨学会で研究発表を行いました/健康柔道整復学科

静岡接骨学会で研究発表を行いました/健康柔道整復学科

8月23日(日曜日)に静岡市で開催された「第31回静岡接骨学会」において、本学健康プロデュース学部健康柔道整復学科有志が参加し、4題の研究発表を行いました。
いずれの発表にも多くの質問が寄せられ、本学科の研究の一端を知っていただく良い機会となりました。
健康柔道整復学科では今後も教員と学生がタッグを組み、研究を推進していきます。
学生発表
寺澤風薫さん(1年)(指導教員:名和史朗助教)「腹部内臓疾患による肩関連痛の一例」
波多野晃岐さん(3年)(指導教員:名和史朗助教)「de Quervain病に対する解剖学的病態について」
大石有希子さん(3年)、石野早紀さん(3年)、
村山大地さん(3年)、堀湖雪さん(4年)
(指導教員:稲川郁子講師)
「柔道整復師国家試験における臨床実地問題の検討」

一般発表
稲川郁子講師「熟達の柔道整復師の英知伝承に関する現状と課題〜社会科学的視座より」