グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 静岡県シニアサッカーフェスティバルでメディカルサポート/静岡理学療法学科・心身マネジメント学科

静岡県シニアサッカーフェスティバルでメディカルサポート/静岡理学療法学科・心身マネジメント学科

6月13(土曜日)、14日(日曜日)に行われた静岡県サッカー協会主催の「シニアサッカーフェスティバル2015」に、静岡県理学療法士会公益事業局メディカルサポートサッカー部門のメンバーと、健康科学部静岡理学療法学科の学生が所属するボランティアサークル「DELSOLE」、健康プロデュース学部心身マネジメント学科の学生が所属するアスレティツクトレーナーサークル「CATS」のメンバーが、それぞれサポート活動を行いました。
この大会は全国から60歳以上の選手、約800名が参加する大変大きなもので、今年からは75歳以上の選手で構成される試合も行われ、超高齢社会を乗り切るためにサッカーが生涯スポーツとなることを表現するイベントです。
また、U-9小学生の部門もあり、2つの学科から参加した学生は、宮村司教授、金承革教授、栗田泰成助教、山本武助教の指導のもと、静岡県理学療法士会の活動補助やグラウンドでのトレーナー活動を行いながら、学内での学習、病院・施設での実習とは違う、子どもから高齢者のスポーツ活動を直に体感することができました。この大変貴重な経験は、今回のサポート参加で3回目となりますが、毎年ここで得た内容が参加学生のその後の学習意欲向上につながっています。