グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



News&Topics

ホーム  > News&Topics  > 「常葉大学地域社会連携事例報告会」が開催されました

「常葉大学地域社会連携事例報告会」が開催されました

産学官連携がどのようなものであり、具体的にどのような活動をしていくのかについて、常葉大学の教職員が地域とともに考えていくことを目的とした「常葉大学地域社会連携事例報告会」が3月5日(木曜日)に静岡キャンパス水落校舎にて行われました。
当日は、事例報告の前に西頭学長が「社会貢献活動を活かした創造的人材の育成」として、地域社会との連携の重要性や大学の使命について語り、教職員が一体となって地域社会連携を進めていくと挨拶しました。
また、静岡理工科大学の久留島氏(総合技術研究所 社会連携担当次長)より、「地域とともに輝く未来を目指して―静岡理工科大学が果たす役割とは―」と題して静岡理工科大学の取り組みをご紹介いただきました。
事例報告では、経営学部の竹安教授よりこれまでの富士キャンパスにおける取り組みについて概要が説明された後、3キャンパス(静岡・浜松・富士)6人の教員よりゼミや研究室単位での地域に根差した学生たちの活動、自治体や企業等と連携して進めている研究成果など、各学部の特色に応じたさまざまな事例が報告されました。
「地域貢献」を教育理念のひとつとして掲げる常葉大学にとって、地域社会との連携活動の推進は不可欠です。今後も教職員が一体となって地域社会連携を考えていきます。